ひねくれてtonight 〜ひねくれサラリーマンによる映画レビューブログ〜

今夜もサラリーマンが詭弁を垂れる、皆さんはそれを読む。It’s win-win!!


皆さん、夏と言えば?
そう、ゾンビ映画ですね

今日は映画 
「アイアムアヒーロー」 の紹介です。

まずは予告編をどうぞ↓




【あらすじ】
漫画家アシスタントとしてパッとしない日々を送る、35歳の鈴木英雄(大泉洋)。そんな彼の恋人が、人間を凶暴に変貌させるウイルスに感染して襲い掛かってくる。慌てて趣味の射撃で所持する散弾銃を手に外に飛び出す英雄だが、街はZQNと呼ばれる感染者であふれていた。出会った女子高生・早狩比呂美(有村架純)と逃げるが、彼女は歯のない赤ん坊のZQNにかまれて半分ZQN半分人間という状態に。比呂美を連れてショッピングモールに逃げ込んだ英雄は、そこで藪(長澤まさみ)という勝気な看護師と顔を合わせる。(yahoo映画より引用)


~帰ってきた王道ゾンビ映画~
皆さんはゾンビ映画と言えば何を思い浮かべますか?

私はやっぱり「バイオハザード」です

世代によって分かれますよね
もっと若い人たちは「ウォーキングデッド」でしょうか?(ドラマですが)

そして上の世代の皆さんはきっと
「ナイト オブ ザ リビングデッド」でしょう
ジョージ・A・ロメロはゾンビの産みの親ですからね。

私たちバイオ世代からするとゾンビ映画は「モンスターパニック映画」のジャンルになってしまっています。これもまあ面白いのですが、やはりゾンビ映画と言えば
ゾンビから逃れてショッピングモールに立てこもる→その小さなコミュニティの中での醜い人間ドラマ
が見どころです。

そしてこのアイアムアヒーローはそんな元祖ゾンビ映画のセオリーを完備している
「王道ゾンビ映画」なのでした



~日本版ゾンビ映画~
皆さん、ゾンビと戦う際には気を付けてくださいね、接近戦はだめです
噛まれたらゾンビの仲間入り
近づいたら大勢で襲い掛かられてあっという間にジ・エンドオブザデッドです

だからゾンビ映画はだいたいみんな銃で戦ってます。
しかしここは日本、銃なんてそこら辺に落ちてません
アイアムアヒーローの世界でもみんな頑張ってオノ、バール、ゴルフクラブなどで戦ってます。

主人公ヒデオ達が行き着いたコミュニティでは唯一の飛び道具である「ボーガン」を持っている伊浦という男が主導権を握っていますが、より強力な武器を求めていました。

その貴重な銃を持っているのが主人公ヒデオ
彼は射撃が趣味で銃を所持、ゾンビパニックが起きた際もしっかりと持参してきました。

ヒデオはコミュニティに入れてもらうに当たって銃を伊浦に引き渡します
この銃をめぐっての主導権争いは日本版ゾンビ映画だからこそ描けた部分と言っても良いかもしれません。





~見どころは、有村架純と長澤まさみ!と言いたいところですが~
わたしが一番好きな登場人物は陸上選手ゾンビです。
アイアムアひーろー

ゾキュンたちは人間だったころの習慣をひたすら繰り返す習性があります
例えば買い物ばかりしていたおばさんゾンビはゾキュンになった今もウィンドウショッピングをし続ています

そして陸上選手ゾンビはひたすら走り高跳びを続けています。
人間の頃よりもジャンプ力が上がっていて、主人公達のバリケードを跳び越えるまでは行かないまでも、相当な高さまで跳んでいます。
ゾンビになっても高跳びがやめられないというストイックさ、そしてジャンプして落下して身体ボロボロ、という気味悪さもクセになりそうなキャラクターでした。


~ストーリーに全然ふれていませんでしたね~
以下、若干ネタバレありで書きます
ヒデオ君は銃を持っていながらそれをゾンビに対して使う勇気がなく、逃げ回ったり、半ゾキュン化して強くなったヒロミちゃん(有村架純)に助けられるなどして何とか生き残っていました。
そんな自分がイヤで葛藤するのですが、実際にはなかなか行動できません

終盤になってヒロミちゃんやヤブさんを助けられるのは自分しかいない、となって初めて彼は銃を手に取ります。射撃の腕前を十二分に披露し、ゾキュンたちを一蹴。最後の最後で不甲斐ない自分との決別を果たすことができました
何とシンプルなストーリー!
ゾンビ映画なのでこれくらいでいいんです!

それにしても有村架純の半ゾキュンは普通に美貌を保ってて全然怖くない
有史以来一番きれいなゾンビかもしれませんね

そして終盤のゾンビパニックで活躍してくれるのは「陸上選手ゾンビ」
身体能力が高く迫力のあるアクションシーンを演じてくれます。
彼の薄気味悪さが際立って目が離せません

ゾンビアクションもしっかり入れてくれてゾンビ映画ファンの心をしっかりつかんだ名作です。
ぜひご覧ください






Prime Videoはこちらからどうぞ↓



DVDで見たい方はこちら↓
by カエレバ




amazon使ってない方は宅配レンタルサービスも


【概要】
ある嵐の夜、イタリアの漁船が洋上に漂う意識不明の若い男を発見する。引き上げられたその男の背中には弾痕があり、皮下にはマイクロカプセルが埋め込まれ、それにはスイスの銀行の口座番号が印されていた。男はなんとか息を吹き返すが、記憶を失っており、自分の名前も分からない状態だった。数週間後、彼は身元の唯一の手掛かりであるスイスの銀行に向かう。その貸金庫にはジェイソン・ボーン名義を含め6ヵ国のパスポートや大金、そして拳銃が入っていた。やがて暗殺者たちに狙われ始めた彼は、偶然出会ったマリーの協力を得てパリへと向かうのだったが…。

(yahoo映画より引用)












・マットデイモン渾身のアクション映画
セガールアクションやジャッキーチェン、ミッションインポッシブルシリーズなど、スパイアクション映画は比較的ポップな雰囲気で敵を倒していくが、本作は終始シリアス。
主人公達が感じている逼迫感「この場を乗り切らないとマジにヤバイ」という雰囲気が見ている私たちにもハラハラドキドキを与えてくれ、目が離せない作品です。
ボールペンでナイフを持った敵を倒しちゃうのかっこよすぎ!


・スパイアクションだけじゃない
本作の面白いところは主人公が信じられない強さを持っていながら、自分でその理由が分からないという所。
この映画はアクション映画であると同時にサスペンスでもありヒューマンドラマでもあるのだ。

ボーンは記憶を無くしていて自分が何者か分からない。
それなのに警察に追われ、殺し屋に追われ、トラブルに巻き込まれていく。
その度に身体が勝手に動いて敵を倒せてしまうのだ
そんな自分に戸惑うボーン、戸惑いながらも頭は勝手に働き今何をすべきかが自然にわかってしまう。

自分がなぜ追われるのか、向かってくる敵は誰なのか、次第に明らかになっていく中でボーンは
「もう戦いたくない」と弱さを見せる。

どんなに腕っぷしが強くても、ピンチを切り抜ける頭脳があっても、自分が何者か分からないことには耐えられない。ボーンの心の迷い、弱さ、を描くことでストーリーに深みが出ています。



ちなみにボーンシリーズは計4作(レガシーを入れると5作か)ありますが、私は断トツでこの1作目が好きです。自分が何者か分からない状態で切り向けていく展開はこの1作目だけで、シリーズでヒューマンドラマ性が一番高い作品になってます。


さて、そろそろボールペンで戦う練習でもするか
ボーンシリーズはU-NEXTで見られます。今なら無料です↓







↓primeビデオはこちら DVDはこちらから↓


amazon使ってない方は宅配レンタルサービスも

佐藤健、宮崎あおい、濱田岳らが送る
自分の人生について前向きに見つめ直せる映画です











余命わずかであると知らされた主人公の前に自分そっくりの自称悪魔が現れる。
彼は大切なものと引き換えに一日寿命を延ばしてくれるという。
主人公は自分の死が受け入れられず取引に応じる。

大切なものが消えると同時にそれに関わる大切な人たちとの思い出が無かったことになっていく。

彼にとって猫は家族との思い出を語る上で欠かせない存在だった。猫が消えると言われ、改めて両親との思い出を振り返ることができ、自分の死を受け入れるに至ったのだった。

主人公はおそらく私と同じくらいの年齢設定だろうと思う。自分がもし死を宣告されたら果たして受け入れられるだろうか。「まだやりたいことがたくさんあるのに」と生にしがみつきたくなるのではないかと思う。

しかしこの映画を観て、
人は「思い出を分かち合える一人の女性」、「好きなものについて語り合える一人の友人」、そして「自分を育ててくれた両親」との思い出さえあればきっと穏やかに最後を迎えられるのではないかと感じた。

誰もがうらやむ楽しい人生を歩むことはとても良いことなのだろう。しかしそれを実現出来ないからといって悔やむ必要もなければ劣等感を感じる必要もないのだ。
最後に振り返ることが出来る思い出さえあればきっといい人生だったと思えるはずなのである。自分らしく自分の好きなことで思い出をつくっていけば良いと思わせてくれる、そんなお話でした。




↓primeビデオはこちら DVDはこちら↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

世界から猫が消えたなら [ 佐藤健 ]
価格:3672円(税込、送料無料) (2019/8/26時点)






amazon使ってない方は宅配レンタルサービスも

↑このページのトップヘ