ひねくれてtonight 〜ひねくれサラリーマンによる映画レビューブログ〜

今夜もサラリーマンが詭弁を垂れる、皆さんはそれを読む。It’s win-win!!

次回作「スカイウォーカーの夜明け」が12月20日に迫りました。

今日は三部作の序章である「フォースの覚醒」の解説です








1.スカイウォーカーの家出


帝国軍が倒れ平和が続いていた銀河系でしたが、ルークスカイウォーカーのエスケープによってフォースのバランスが崩れ新たな暗黒面「ファーストオーダー」が力を持ち始めます。
彼らは旧帝国軍の残党と手を組み銀河に支配を広めていました。

彼らに立ち向かうは共和国の支援により運営される「レジスタンス」
レイア・オーガナを将軍にファーストオーダーと各地で戦っていましたが、フォースの力を持つ相手に立ち向かうにはジェダイの力が必須

レイアはルークを見つけるべくポー・ダメロンとかいうダメパイロット(誰だよこいつ)を遣わします。

ポーはタトゥウィーンみたいな砂漠の惑星「ジャクー」にてルークの手がかりを知るおじいさん(誰だよこいつ)に会いに行きますが、ファーストオーダー軍の襲撃を受けます。
ドロイド・BB-8にルークの手がかりを託し砂漠に逃がし、彼自身は捕らわれの身に


ポーをとらえたのはカイロ・レン
まるでダースヴェイダーみたいな見た目をしたライトセーバー使いです。

執拗な拷問やマインドコントロールを受けドロイドに情報を託したことが見破られてしまいますが

軍のやり方に疑問を感じ始めていた今時の若者的ストームトルーパー・フィン(誰だよこいつ)により助けられ、タイファイターを乗っ取って逃げ出します。


二人は善戦するも迎撃を受けジャクーに墜落
ポーは流砂に飲み込まれ、フィン一人で砂漠をさまようことに

ポーのダイイングメッセージを頼りにBB-8を探しにゆきます。


2.ミレニアムファルコンの帰還




ジャクーの住人レイは鉄くずを集めて日銭を稼いでいました。
ある日砂漠をさまようドロイドBB-8を助け連れ歩いていると、フィンと出会います。

フィンはBB-8の主人であるポーのジャケットを着ていたためそれが目印となりました。

そこにルークの情報を持つBB-8を狙うファーストオーダー軍が表れます。

フィンとレイはその辺に停めてあった宇宙船に乗り込んで宇宙に逃げ出します。

これからどうするべきか相談していると宇宙船ごと何者かに捕まってしまいます。
彼らを捕まえたのはハンソロ(インディジョーンズ)とチューバッカ

そして彼らが乗り込んだのはなんとあのミレニアムファルコン号でした
借金か何かの理由で手放していたファルコンを見つけ喜々として乗り込んできたのでした。


BB-8をレジスタンスのもとに届けたいレイとフィンはハンソロに協力を要請
手を貸してもらえることになります。

一応船内でローズバトラーみたいなモンスターとの攻防がありますが、この辺は映画でご覧ください。
ローズバトラー



3.アタックオブザレジスタンス



↑左から大バッカ、中バッカ、小バッカ 


ハンソロは二人をレジスタンスのもとに送り届けるべくおばあちゃん(だから誰なの?)のもとを訪れます。
航海中レイの類まれなる才能を目にしたハンは彼女を船員として雇いたいと告白
今まで人から必要とされてこなかったレイは喜ぶ一方で、自分を置いて行った家族を待つためにジャクーに帰らなければならない、という気持ちも捨てきれませんでした。

レイの両親への執着はE.P8でも登場するため、何か物語に大きく関わってくるのかもしれません。

ちなみにおばあちゃんはジェダイではないがフォースのことがちょっと分かると言います。(ちょっとだけ英語分かります的なね)
ルークのライトセイバーを預かっていたおばあちゃんはレイにフォースの才を見出し、彼女にこれを託そうとするのですが、ライトセーバーに触れることでフォースの世界を垣間見たレイはその力に恐怖し、これを拒絶
森の中に逃げてしまいました。


そこにまたしてもファーストオーダー軍が登場
BB-8を追っています。
ハンソロとチューバッカ、フィンは3人で応戦していると、そこに遂にレジスタンスが登場です。
敵を迎撃し見事追い払ってくれました。

無事BB-8をレジスタンスに届けられたフィンたちでしたが、森に逃げていたレイが独りカイロレンに捕まってしまいます。



4.新たなるデス・スター 惑星破壊再び

デススター
↑デススターと同じ機能を持つフリーザ将軍

ファーストオーダー軍はハンパない兵器を持っていました。
太陽のエネルギーを吸い取り、それを惑星に向けて発射することで壊しちゃおう!っていうあれです
そう、フリーザ様です

これによりレジスタンスの後ろ盾であった共和国の惑星が破壊されてしまいました。
新たな犠牲を出さないために何としてもこの兵器を破壊しなければなりません。

まあ、ここは敵陣に侵入して何か破壊工作をした後戦闘機で攻撃でしょうね、スターウォーズの定番だから

案の定フィン、ソロ、中バッカで敵の基地に侵入、シールド発生装置を壊す作戦です。
フィンはレイを助けたい気持ちもあったので狙い通りです。

シールドの破壊は時間の都合で「敵の指揮官を銃で脅して解かせる」という雑な方法でクリアです

一方レイはカイロレンにマインドコントロールを仕掛けられ情報を抜かれそうになるも、自身のフォースで跳ね返すという天才っぷりを発揮
カイロレンはうろたえ、先生に報告に行ってしまいました。

その隙にレイは、「なんか自分にもできるような気がして」マインドコントロールを見張り兵士に仕掛け、見事逃げ出すことに成功

フィンたちと合流しあとは逃げるだけです。






5.ファントム親子愛



シールドの破壊により戦闘機の攻撃が開始されますが、思いのほか苦戦しており、ソロたちもさらなる破壊工作により応戦することに、敵の基地に再び忍び込みます。


そこで再びカイロレンと遭遇

カイロレンの父親であるハンソロは彼と対峙
善人の道を引き戻そうと説得します。
親子愛によってカイロレンを説得できたかに見えましたが、それは気のせいでした。

息子は迷いを抱えながらもそんな自分を許せないという意識髙い系の病に侵されています。
迷いを断ち切るために「父親を殺す」という信じられない行動に

それほどまでに彼が追い込まれている理由は未だに明かされていません。
ダースヴェイダーに憧れたと言っても彼が生まれたときにはヴェイダーは死んでいますしね
彼をそこまで洗脳したスノークとはいったい何者なんでしょうね

次回作で明かされると良いのですが

↑カイロレンが読んだ意識髙い系の自己啓発本

6.フォースの覚醒だお

ファーストオーダー軍のフリーザ様兵器は無事破壊され、設置されていた惑星はエネルギーの逆流により崩壊状態に

一方ハンソロを殺され怒りに燃えるフィンとレイ
森を逃げているとカイロレンに遭遇します。

ルークのライトセーバーをもって立ち向かうフィン
(お前かよ、お前じゃ無理だって)
しかし意外と善戦します。
フォースが無くてもこれだけ扱えるよ、見てる?マスターヨーダ


「見とるぞ」


フィンがやられ、ついにレイの出番です、「ウィンガーディアムレビオ―サ!」と唱えライトセーバーを手に取り、カイロレンに立ち向かいます。(ファース使いまくりです)

カイロレンは強いはずなのに普通にやられそうです。

「修行が足りんぞ、パダワン」

惑星崩壊により地割れが起き、闘いの決着はお預けとなりましたが、レイの今後に期待が高まる闘いとなりました。
今回はファーストオーダーの凶悪兵器を壊したレジスタンスの勝利のような気もしますが、共和国を破壊されているので、レジスタンス側も次回作以降は厳しい戦いになりますね


その後レイはレイアの依頼によりルークを探しに行くことに
フォースの導きによりルークの居場所にたどり着けたところでエンディング


レイの正体は?
ルークはなぜ引きこもったのか?
カイロレンは意識高い系から立ち直れるのか
スノークは何歳なのか


多くの謎を残した序章となりました

以上!









今日は
アナと雪の女王2
の解説です

1作目に比べて謎解き要素が増え
「大人向け」になったと言われる本作

確かにお子さんが見たらどういうことか分からなかったかな(やらしい意味ではなく)

大人の皆さんも何となくは分かったと思いますが、ちょっとウトウトしたりすると分からなくなりそうな意外と緻密なお話でした。
ポイントを解説していきたいと思います。







1.物語の主題


今作のメインテーマは「なぜエルサにその力が与えられたのか」
前作の描写から言ってもエルサの氷の魔法の力はかなりハイスペックなもので、しかも修行で身に着けたわけでもなく生まれつき備わっていたものでした。

氷の城
↑氷の城を一瞬で建ててしまうほど強力なエルサの魔法



これまではその力におびえ閉じこもるだけだったエルサでしたが
アナとの姉妹愛のお陰で自分の力と向き合うことが出来ました。

その後は平和な日々を送っていましたが、次第に
・自分の力の根源が何なのか
・自分には何か役割があるのではないか


と悩むようになっていました。

そんなある日、エルサはどこからともなく聞こえてきた「歌声」を耳にします。
自分にしか聞こえていないことが分かり、自分の力と関係があることを悟ったエルサ

同時期にアレンデールにも異変が起こり、この謎を解き明かすことが使命である、と
独り幼いころに聞いた「魔法の森」に向かうことを決めました。

もちろん一人で行ってはつまらないので
アナ
オラフ
クリストフ
トニートニーチョッパー
も付いていきます




2.魔法の森の精霊たち



魔法の森には
・風の精霊
・火の精霊
・大地の精霊
・水の精霊
そして魔法界と人間界の橋渡し役となる
・第5の精霊

が居るとのこと


魔法の森に付くと惜しげもなく次々に精霊たちが登場します。
それぞれこんな特徴を持っています

・風の精霊:ゲイル
いたずらな風の精霊は森を訪れた一行を竜巻で包んだり風で体を浮かせたりとめちゃめちゃ積極的に絡んできます。どうやら「過去に森で起きた出来事」をエルサに伝えたかったらしく、
風の魔法とエルサの氷の魔法がぶつかり

「過去の出来事を再現する氷像」
が表れ、気持ちを伝えられたことで、ゲイルもおとなしくなりました。

・火の精霊:ブルーニ
火の精霊ブルー二は小さなサラマンダー(ヒトカゲ)
臆病な性格らしく炎をまき散らして逃げ回るため周りに危険が及んでしまっていました。

炎の力がいまいちコントロールしきれないようで、エルサの氷の魔法により炎を消火して貰えたことでエルサに心を許してくれます。

行く先の分からなくなっていた一行をある場所に案内してくれます。
火の精霊ブルーニ



・大地の精霊:アースジャイアント
体長さ数十メートルはありそうな岩の巨人
他の精霊に比べ力が強くエルサの魔法でも手なづけられません
しかし彼の力は終盤の謎解きに大きくかかわってきます。



・水の精霊:ノック
荘厳な馬の形をした水の精霊、
過去のすべてを知る川「アートハラン」につながる水辺を守っています。

アートハランに向かうエルサの前に立ちはだかりますが、彼女の力を認めたのちはエルサを背に乗せアートハランに送迎してくれました。


物語終盤ではエルサを乗せてアレンデールへ猛ダッシュ
押し寄せる洪水を追い越してしまうほどの俊足でした。

エルサの氷の魔法とは相性が良いらしく、水辺でしか力を発揮できないノックもエルサによって「氷の馬」となることで地上でも活躍できる存在に!

最後にはエルサに従順なアッシー君となっていました。

水の精霊ノック
↑水の精霊ノックvsエルサ


・第5の精霊とは?
魔法界と人間界をつなぐものとされる第5の精霊とはだれなのか
第5の精霊の正体を解き明かし、世界の異変を解決することが物語の目的となっています。

個人的にはオラフが第5の精霊であってほしいと思いながら見ていました。




3.アレンデールと魔法の森の過去

アレンデール国と魔法の森の種族「ノーサルドラ」は互いに友好関係を結ぶべく

アレンデールからは治水事業として「ダム」をプレゼント
ノーサルドラは魔法の森の恵みを分かち合うことを約束


ダムの竣工式の日、両種族は魔法の森で交友を深める予定でしたが(やらしい意味ではなく)、何がきっかけだったのか
争いが始まってしまいました。

争いに腹を立てた森の精霊たちは森の出入り口を霧で封鎖
誰も出入りできないようにしてしまいました。

アナたちの父アグナルは誰かに助けれられ何とか森の外へ
その後アレンデールへ戻り家庭を築いたのでした。





後に明かされますが、この争いの発端はアレンデール側が原因でした。

アナとエルサの祖父(当時のアレンデール王)はノーサルドラ族を意のままに操り森の精霊の恩恵を受けたかった
そのためにダムを造り恩を売りたかったのですが、
ノーサルドラはダムのお陰で森の生態系に影響があることなどを懸念
要するに出来た後でゴニョゴニョ言い出してあまり感謝していない様子

アレンデール王はこれに腹を立て、ノーサルドラの族長に切りかかりました。

アナ雪の物語はこの時から始まったのでした。



4.アナとエルサの両親の過去

両親

アナとエルサの両親は前作では水難事故で命を落とした、となっていました。
二人にはどんな過去があったのでしょうか

父アグアルはノーサルドラとアレンデールの争いの最中から誰かに助け出されましたが、この時彼を助けたのはノーサルドラ族の一人であるイデュナ、アナとエルサの母でした。
(風の精霊ゲイルの氷のアートによって明かされます)




イデュナは敵であるアグナルを助け出し、二人はそのままゴールイン
アレンデール王位を継ぎアナとエルサが生まれてきたというわけでした。


また、両親が水難事故で無くなった経緯についても今作で明かされました

エルサが幼いころ、この力の秘密が分からず家族は悩んでいました。
ノーサルドラ族である母イデュナは全ての過去を知る川「アートハラン」に行けばその謎が解けると提案

夫婦二人でアートハランに向かいましたが、アートハランが受け入れてくれるのは力を持つエルサだけだったらしく、水難事故により船は沈没
二人は命を落としてしまったのでした。

魔法の森の奥地で難破船を見つけたエルサとアナ+ピエール瀧は船内の記録でこの事実を知ります。


前作では「両親の死」はエルサが心を閉ざす要因となった、くらいの描かれ方でしたが、
今作でその死についてより深い経緯が描かれ、全ての伏線が繋がっていくような面白さがありますね

5.エルサの力の秘密

アートハランにたどり着いたエルサは過去にアレンデールとノーサルドラに起きた事実を知ります。
「水の記憶」を見るために魔法の力で氷像を作る
という手法を身に着け多用するエルサ

アートハランでもこの方法で過去の秘密を知ることが出来ました。

自分たちの祖父の過ちにより精霊の怒りを買ってしまったことを知ったエルサは
ショックのあまりなのか、力が弱まったためなのか、自身の魔法により「氷漬け」になってしまいます。

この時エルサの死?により彼女の力で生み出されたオラフも雪に戻ってしまいます。

元々エルサの力はアレンデールとノーサルドラの間に起きた争いを解決する役割として、魔法の森の精霊たちにより与えられたものでした。

敵であるアグナルを助けたイデュナにその可能性を見た精霊たちは彼女の子供であるエルサにその力を授けたという経緯

そしてその争いを解決するためには森の精霊の力と人間が協力することが不可欠であり、その橋渡し役として「第5の精霊」にエルサが選ばれたのでした。

こうしてみると、他の精霊たちもエルサに懐いたり従ったりしていますし、精霊たちの中心的存在であると言われれば納得です。

エルサの魔法が超ハイスペックである理由も同様に納得ですね

6.すべてを元に戻すためには?

アートハランに行き過去を知ったエルサは力を失い氷漬けに
一方でオラフを失い一人になってしまったアナは途方に暮れてしまいます。

しかしエルサは最後の力を振り絞って過去の秘密をアナに伝えました。
エルサと同様にアナもショックを受けますが、やっぱりアナは負けん気の強い子なので

「全てを解決するためには発端となったダムを壊し、森を元に戻すしかない」
と決断

ダムを壊せば下流にあるアレンデール国も洪水に見舞われ大きな被害を受けてしまいますが、
元々は自分たちの祖父が起こしてしまったこと、やるしかない。(この決断はいわば修羅の道であり、ディズニー映画らしからぬ複雑な決断ですよね)

大地の精霊の力でダムを壊すべく彼らを挑発

クリストフとトニートニーチョッパーの脚力を借りながら大地の精霊を導きダムを壊させることに成功します。


この時、ダムが壊れたことによりエルサの氷漬けが解けます
エルサは起床するや否や水の精霊に跨りアレンデールにダッシュ、氷の壁を築きアレンデールを洪水から守りました。(足速過ぎなのと寝起きの判断力の速さ)


霧の中でずっと争っていたアレンデール兵士とノーサルドラ達も霧から解放され外へ
長年の因縁が張らされたのでした
トニートニーチョッパーの脚力
↑トニートニーチョッパーの脚力

7.エピローグ

無事、森の霧は晴れ、エルサの氷漬けも解け、アレンデールを洪水から守ることも出来ました。

「水には記憶がある」キリッ!
の設定により元の雪からオラフも再生成することが出来ました(よかった)


自身は森の精霊であることを知ったエルサはある決断をしました。
それは妹であるアナに王位を譲り自身は森を守ること
でした

アナはアレンデールに戻りクリストフやオラフと一緒に王国を守っていく
エルサは精霊たちと一緒に森で野生生活をする

そんなエンディング

なんとも大人っぽい、ノスタルジックな終わり方でしたね
個人的には1作目より好きかもしれません。














斜めから見る映画レビューシリーズ
今日はスターウォーズエピソード1 ファントムメナスの紹介です

12月に迫った最新作【スカイウォーカーの夜明け】公開前にスターウォーズサーガの序章である本作の見どころをおさらいしていきましょう




1.序章、テーテーテテテテー♪


くりくりお目目のヌートガンレイ
くりくりお目目のヌートガンレイ総督 そのキュートさで共和国政府を骨抜きにしている


長らく平和が続いていた銀河共和国にある事件が
通称通商連合のドン、クリクリおめめのヌートガンレイ総督がある惑星に軍事進行を起こしたのである

そこは緑豊かな美しい惑星ナブー🐷

アミダラ女王をはじめとするナブーの住民が人質に取られてしまう

そこで銀河共和国の老人ホーム「元老院」がジェダイの騎士を派遣しました。じぇじぇじぇ!

ヌートガンレイのもとを訪れたのは
ジェダイマスター・クワイ=ガソジソと若かりし頃のオビワン=ケノービ(パダワン)


ジェダイに直接会えばライトセーバーを喉元に突きつけられて脅され、従わざるを得なくなると考えたくりくりお目目はドロイド兵にジェダイを襲わせますが、ペンライトを振り回すジェダイのオタ芸を前に歯が立ちません

コックピットの重厚ドアが破壊されそうになる中、(ホントはフォースで開けられるが何かを壊したい気分だったクワイガン)

そこに最新家電「ドロイディカス」登場
シールドを張る機能を搭載しているPanasonic製の家電を前にジェダイ二人は
「panasonicには敵わんなあ めんどくせ  一旦逃げよう」

って事で敵の宇宙船に忍び込んでナブーに降りることにします

IMG_0404
↑ペンライトを振り回すジェダイの騎士 それぞれ得意なオタ芸の「型」があるといわれている


最新家電「ドロイディカス」
↑最新家電「ドロイディカス」 某番組の「家電芸人」でも紹介されている



2.「Me達英語話せます」←信じちゃダメ



地上に降りたクワイガンはドロイドから逃げる過程で先住民族のジャージャービンクスカイウォーカーと出逢います
明らかに知能が低いジャージャーにイライラするクワイガンでしたが、彼の案内でグンガン族の水中都市に向かうことにします。

合流するやいなやすかさずポケットから酸素マスクを取り出したオビワン
なんでそんなもの携帯してるのかな
 この映画の展開を事前に知っていたのでしょう

低知能生物.ジャージャービンクスカイウォーカー
↑低知能生物 ジャージャービンクスカイウォーカー 



水中生物に襲われながらも無事にグンガンシティに到着
グンガン達は
一人称は「ミー(Me)」
二人称は「ユー(You)」
あとは全部日本語です
ジャニーさんと同じですね

ルー大柴さんの方が英語の導入率は高いと言えますね

グンガンの親玉、ナス陛下はよだれを垂らしながらよそ者がキライだとか散々抜かした割には潜水艦を貸してくれます

何か起こるのかと思いきやスムーズに水中ルートでナブー🐷にたどり着き、アミダラ女王一行を救出
宇宙船で元老院のある惑星コルサントに向かうことになります。

ちなみに本編ではカットされていますが、冒頭シーンでオビワンがライトセーバーを落とし、師であるクワイガンにたしなめられるシーンがあったとか

オビワンはその後も定期的にライトセーバーを落とすため、どこかで「もう俺はこういう人間だから」と割り切ったのでしょう

何本か予備持っておけば良いんじゃないの?

スイッチ押すよ?押すよ?
↑ライトセーバーを落としたオビワン。クワイガン「スイッチ押すよ?押すよ?」



3.え?今時電子マネー使えないの?

クレジットカードは手数料取られるんでウチは現金のみです
↑クレジットカードは手数料取られるんで、ウチは現金のみなんですよ

コルサントへ向かう途中通称連合軍の攻撃を受け、船が故障。
一行は船の修理パーツを求めてかの有名なタトゥウィーンへ立ち寄ることに

タトゥウィーンはガーデュラ・ザ・ハットが支配するならず者の惑星

セレクトショップでお探しのブツを見つけたクワイガンでしたが、どうやら電子マネーが使用できない遅れたお店のようです

数年前から現金を持ち歩かない主義にしていたクワイガンは困ってしまいます。
クワイガンが使用するウェラブルウォッチ↓
立往生していた一行にある少年が助けの手を差し伸べてくれます
アナキン・スカイウォーカーです
彼はセレクトショップの店員さんですが、アナキンずラブ in the sky walkerというハンドルネームで副業F1レーサーをやっています。

レースで彼にかけてくれれば絶対に勝つ!と豪語するin the sky
パドメお姉さんの前でカッコつけたかったんですね

アナキンに特別な力を感じていたクワイガンは彼を信じ一行の命運を託すことに



レースにはアナキンのDIYポッドレーサーで出場です

ライバルのセブルバ・スネイプのイタズラによりエンストからの遅れてのスタートとなったアナキンでしたが、ばつぐんのドライブテクで少しずつ追い上げ、ラスト一周でスネイプと一騎討ちに!

SUVに乗るスネイプは車体を生かしてアナキンのコンパクトカーを弾き飛ばしますが、コースアウトからの華麗な復帰で追い越すアナキン

見事スネイプを下して優勝です!フフー♪

エンストしてなかったら余裕で勝ってたね

セレクトショップ店主のワトーとの賭けに勝ったクワイガンは船のパーツをゲット!
これでコルサントに向かえます

オマケにアナキンを労務から解放して自由にする事にも成功し、彼をジェダイにするため一緒に連れて行く事に

後の「歩く人工呼吸器・ダースベイダー」が道を歩み始めた瞬間でした

SUV対コンパクトカー
↑SUV対コンパクトカー

4.ジェダイマスター達は老害系上司?もっと若手の意見聞いて!

元老院にて

↑サ高住にて訴えるアミダラ女王。



コルサントに向けて出発する直前、クワイガンは何者かに襲われます
赤いペンライトを持った謎のオタ芸マスターです
なんとか逃げ切った一行でしたが、攻撃を受けたクワイガンははめちゃ息切れしながら
「ジェダイのオタ芸によく通じている」
とツイートします。
この時点ではフォースの暗黒面は1000年も前に滅んだと思われており、ライトセーバー同士でマジな殺し合いをする機会も実に1000年ぶりということなのでしょう
それは流石に緊張しますよね


航海中は特にハプニングも無く無事共和国にたどり着いた一行
アミダラ女王は元老院に向かい今回の侵略についてサ高住のおじいちゃん達に訴えることに。

一方ジェダイ+アナキンは暗黒面の方と思われるファイターについての報告と、アナキンをジェダイに入門させるお願いをしに、ジェダイテンプルに向かいます

そこには
緑色のおじいちゃんマスター依田
黒色のおじさん メイス・窓
面長おじさんキアディムンジェイン
ら、ジェダイマスターが雁首揃えて座っていました


「シスについてはよく分からないから引き続き調べといて〜」て感じで、イマイチ頼りなく
アナキンの件も
「なんか凄いやつすぎて手に負えなそうだからやめといて〜」って感じで何にも答えが出ませんでした

ジェダイの目ぇ節穴やないか
既に暗黒面の力でジェダイの目が曇り始めていたのですね
ジェダイ評議会
↑「前例がないからダメだよ、規定にもダメって書いてあるし」


一方、元老院への訴えも虚しく通商連合の悪事は咎められそうもないため、ナブーに戻り直々に国民を救いに行こうとするアミダラ女王

クワイガンとオビワンは評議会の指令で同行する事に
この時点では一般人だけどアナキンも付いて行きます



5.「Me達死ぬことを恐れない」←他人の勇気を悪用しちゃダメ

ME達死ぬことを恐れない
↑ME達死ぬことを恐れない!

さあ、ナブーに到着しドロイド軍との戦いです。

ナブー側は護衛兵のみで軍隊を持っておらず、矢弾を受ける頭数が足りません。
しかしナブーには彼らが居ます
そう、You達(グンガン族)です

彼らは低知能生物ですが、死を恐れずに戦う立派な種族!
アミダラは上手いこと言ってグンガンを味方につけました

これで頭数が揃ったのでアミダラの考えていた作戦が発表されます

それは
「グンガン達を囮にしてクリクリお目目のヌートガンレイを直接叩く!」です、トドン!


you達も嫌がるそぶりもなく「Me達死ぬ事を恐れない」と豪語
なんて勇敢なんだ!心がいたむ

でもアミダラ女王も自ら敵陣に忍び込んでヌートガンレイと話を付けると言ってるし、これには皆んな心を動かされたのでしょうね

さあ、まずは囮であるグンガン軍とドロイド軍が激突です

you達は低知能生物の割にはシールド発生装置を持っていたり謎の電子爆弾を大量に持っていたりと少し不可解ですが、意外と善戦してくれます。

スターウォーズはエピソード6のイウォーク族しかり、原住民の野戦がコミカルで面白い!

ジャージャービンクスカイウォーカーもあの鈍くささにも関わらず運で敵を倒しちゃいますよ

しかしやはり劣性のユー達
徐々に圧され、命運は敵本陣に忍び込んだ皆さんに託されます
ME達の先頭スタイル
↑ジャージャービンクスカイウォーカーの戦闘スタイル

6.フフフ 私はダースモール 短小だ

ダースモール
↑ダースモール 短小のためこの名がつけられた

ヌート様を捕らえて銃で脅すために宮殿に忍び込むアミダラ女王団とジェダイ

そこに行く手を阻むものが!
赤いペンライトを持った戦士です

彼の名はダースモール(あそこのサイズがスモールなためこの名が付けられた)

フォースの暗黒面の使い手です

彼は九州出身の戦闘種族です
既に顔を真っ赤にして激おこ状態です
(九州人怖い!)
フードを脱いで自慢の角を見せびらかした所でジェダイvsスモール卿のバトル開始!

スモール卿の武器は柄の左右からビームが出るダブルブレード
二刀流の方が扱いやすそうだとかそういうツッコミをすると角で突きころされます

対するジェダイは二人がかりです
2対1は卑怯だとかそういうツッコミをするとフォースの冥界に送られます

激突するジェダイとシス
スモール卿を倒さなければナブーの皆さんは全員彼のように真っ赤にされてしまいます。

2対1の図
↑激突するジェダイvsシス  1000年ぶりに戦う割には自然体な3人

マスターヨーダ
↑ヨーダ「2対1とか別に卑怯じゃねーから、戦略だよ、パダワン」



スモール卿のオタ芸はダースベイダーと違って身のこなしがプロ!
無駄にくるくる回転したり蹴りを入れてきたりと戦闘種族感全開です

フォースもやたらめったら使わずにあくまでライトセーバーで戦う姿が大変真面目で、好感が持てますね

結構長期戦になるので一旦アミダラ達に話が戻りますよ


7. じゃあインデペンデンスデイと同じ母艦破壊方式で行きますね

インデペンデンスデイ


敵の親玉ヌート様を抑えに向かう一行
併せてyou 達を救うために敵母艦の破壊を目論み戦闘機及びアナキンを送り込みます(スターウォーズの定番だよ!)

腰から飛び出すロープなどを駆使して宮殿内を進んでいきます。
腰から飛び出すロープ



一度は拘束されますが上手く相手の隙を突き形成逆転
ヌート様を拘束します

母艦を狙って特攻したアナキンもいとも簡単に母艦を撃破
ドロイド軍はコントロールを失って昨日停止、you達の勝利です
戦いはジェダイvsシスの結果発表に委ねられました


8.クワイガソソソの死  オビワン本気モード 最初からそれ出せよぅ



巧みにジェダイ二人を引き離して1対1の状況を作りながら戦うスモール卿
オビワンはキャットウォークから落下して戦闘からはぐれてしまいます

戦いながら奥へ奥へ進んでいくスタイル、どこかおもてなしでもされているかのよう


スモール卿と一人で戦うクワイガソソソ
しかしスモール卿の角が何本あるのか気になり始めた彼は集中力が途切れ、ついにドテッ腹を突かれ破れます(即死​)
09C9160A-CCBC-4CE0-9176-CF9F381846BB
↑即死


ここでやっと追いついたオビワソ
師の敵を討つためスモールと戦います
2対1の時よりも明らかに動きが良くなっています(足手まといが居なくなりのびのび戦えています。)

あっという間にスモールのダブルブレードの一方を部位破壊!(後でオトモアイルーが剥ぎ取りしてくれます)

しかしダブルブレードが壊され普通のライトセーバーになった事でスモール側も動きが良くなってしまいます。
シングルブレードだと片手をフリーに出来る事も発見し、空いた方の手でフォースでオビワソを弾き飛ばしスモール卿の勝利〜
D566D0BA-6A16-4EC9-B5FF-7DC03523D298
↑ダースモール「やだ、何これ使いやすい。帰ったらAmazonにレビューかこ」



しかしこれで終わらないのがオビワン
彼の得意技は「ぶら下がり」です

勝利を確信して油断しているスモールに対して、師匠のライトセーバーを手に取りぶら下がりから復活!

隙を突いて相手を真っ二つに列断
逆転勝利を納めます(むごいやり方するなあ)

マスターヨーダ
↑ヨーダ「ぶら下がってからが本当の戦いじゃよ、パダワン」

あそこのサイズに悩んでいたスモール卿でしたが、最後にそんな自分の下半身とお別れ出来たのでした


9.エピローグ 



シスを倒したオビワンはパダワンから出世魚のように呼び名が変わりジェダイの騎士に昇格
クワイガソソソの遺言である事を説得材料にしてアナキンを弟子にする事も許してもらいました。

一方ナブーでは勝利パレードが行われていました。
ナブーとyou達の仲直り祝いパーリーも兼ねていたので、アミダラ女王からナス陛下に変な球(科学館とかにある静電気の発生する玉)を贈答

良かったね、ナス陛下

アナキンもショートカットになってジェダイコスプレで式典に参加
パドメ姉さんにカッコいい笑顔まで向け、すっかりプレイボーイに

後の歩く人工呼吸器ダースベイダーにもこんな時代があったのよね



エピソード1はややこしい話は無くシンプルに相手をぶっ倒して終わり!
レースシーンや戦闘機シーンもありフルコースのSF映画でした

静電気の玉 グンガン達に贈られた
↑ナブーからグンガン達に送られた玉

幼少期のダースベイダー
↑少年時代のダースベイダー


↑このページのトップヘ