最近は副業という単語が巷でよく聞かれますよね。
「自分も何か始めてみたい」と思っている方も多いと思います。

調べると投資やアフィリエイト、せどりなど、様々な副業が紹介されています
どれも立派に「仕事」と呼ぶべきものとは思いますが、副業すること、又はそれを人に自慢する事に意識が行き過ぎてしまい、「自分が本当にやりたいこと」を見失ってしまっている人を最近よく見かけます。

例えばマンション投資
不動産屋の勧誘に乗せられてマンションを2つも3つも買ってしまうような人がいます。
「自分は不労所得を得ている」と得意げに話してきたりしますが、そんな人には
「君は不動産屋になりたかったの?」と問いたくなります。
不動産屋になりたいとまでは言わなくても、せっかくローンを組んでまで投資をしようというのだから、利回りやその物件の価値などを自分できちんと吟味してから買うべきでしょうに、「不動産屋が言うから大丈夫だ」とか「銀行がローンの審査を通しているのだから良い物件だ」などと言っていたりします。これでは不動産屋の良いカモです。儲かるかどうかは運次第というところですよね。
 第一借金をしてまで投資をするというのは正しいのでしょうか?
例えばローンを抱えた事によって、転職がしたくても年収が下がるところには行けない、やってみたい仕事にチャレンジ出来ない、といったこともあるでしょうし。
不労所得を得るためにお金の奴隷になってしまってませんか?と思ってしまいますよね。


また、いきなりFX投資を始める人などにも違和感を覚えます。もともと投資というのは「何か事業を始めたいがお金が足りない人」に対して、お金のある人が資金を提供しその事業が成功したら見返りを貰う、というものだと思います。さらに言えば投資をする側はその事業に魅力や可能性を感じることによって資金を提供するのです。
 よって私の考えでは株式のデイトレードやFXなどは投資ではなくギャンブルに近いものと思っています。完全に運ではないことはわかりますが、結局自分が得をすれば誰かが損をしている、ババ抜きのようなものですよね。誤解の無いように言っておきますが、これらの仕事を否定するわけではありません。上記の事を理解した上で行なっているのであれば、株や通貨がどのような動きをするのか、と言った知識も他の場面で役立つこともあるでしょうから、チャレンジしてみても良いと思います。

私自身は投資というものはある程度長期でやらないことにはその本来の意味から外れてしまうと思いますので、株式や投資信託の長期保有などの方法を選択しています。


「副業」というものを始めるに当たって「ただ儲ける事」や「人に自慢したいという気持ち」が先行してしまうと、上記のような「本当にやりたいことなのかよく分からない物」を選んでしまい結果として失敗して損したり、「黒歴史」になってしまったりするのです。


せっかく「なりわい」を始めようとするのですから、
・自分の好きな事
・自分のためになる事
・社会のためになる事
をしていきたいですよね。
特に3つ目は重要だと思います。
ビジネスというのは何かを求めている人に対して何かをもたらす事であり、
そのためには「この業はどのようにして相手に利益を与えているのか」仕組みをきちんと理解して行うべきだと思います。

今日は副業について私の思う所を述べさせて頂きました。
副業についての書籍も沢山出版されていますが、「何から始めていいか分からない」という方は、まずは自分が楽しめて長く続けられそうなものを探す事から始めると良いかもしれませんね





[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

副業は「趣味と特技」で楽しく稼ぐ [ 藤木俊明 ]
価格:1188円(税込、送料無料) (2019/8/8時点)