かんべえです
今日は日本の都市と地方の話です。
皆さんは日本の東京一局集中に対してどのように思われますか?

日本は古くは明治時代の頃から国家としての機能を東京に集中させて来ました。当時日本は欧米列強による侵略から国を守るため、強い国家体制を早急に作る必要がありました。そのためには機能を一箇所に集中させることが最も効率が良かったのです。

国家が成熟した現代でも当時の形が維持されており、政府や中央銀行などの行政機関だけでなく、様々な主要企業の本社までもが東京にあるという状況。これにより人間も東京近郊に集まり、首都圏に人口が密集してしまっているのです。

これは日本が急激に発展した事の弊害と言っても良いかもしれません。
明治以前の日本は各藩を大名が独自に治めており、地方が力を持っていました。薩摩藩や長州藩が手を組んで倒幕を果たせた事を見ても当時の地方の活力が見て取れると思います。
もし幕末期の欧米列強の脅威がなく、ゆっくりと日本が発展していたら、各々の地方が競い合いながら発展し、日本の要所に経済都市があり、自然な形で企業や人口が分散されていたのではないかと思います。

とは言え一度今の形で国が発展した以上は「たられば」の話でしかありません。
今の東京一局集中の形にはどんな弊害があるのかを見ていきます。

まず、不動産価格の過上昇がありますね
東京は地価が高く都心に行けば行くほど富裕層しか住めない世界になっていきます。一方で企業は都心に固まっていますから、中流階級のサラリーマン家庭は郊外に暮らし、お父さんは満員電車に乗って1時間前後かけて毎日通勤している、というのが首都圏における現代の一般的な暮らし方ですよね。
最近は特に「時間を有効に使う」ことに対して問題提起されており通勤にそこまでの時間と労力をかけ、ストレスを抱えることは貴重な時間のロスだ、と言われます。
まあそこまで24時間フルに有効に使おうとするのも逆にストレスになりそうですが、通勤時間が短く済んだり、満員電車に乗らずに済むのならばその方が良いのは間違いないと思います。

また、人口の集中による保育園の不足による待機児童問題なども挙げられます。
子育て世帯が東京に多いのは進学や就職に伴って上京してきた若者が多いからですよね。
一般的に地方ほど少子高齢化が進んでおり、待機児童も少なくなる(というか地方にはそんな問題は存在しない)と言われています。
また、首都圏には共働きの世帯も多く、働きながら子供を育てることは多くの家庭の負担となっています。子供を育てるのが大変で、自然と各家庭の子供の人数も少なくなりがちです。少子化が進む原因となっていることは間違いありません。




では、地方がより活性化し、東京一極集中が解消されるにはどんなことが必要でしょうか。


まず、政治をもっと地方主導で行えるようにすることです。
今はとにかく国と地方のパワーバランスがはっきりしてしまっており、地方は国からの交付金が無ければ成り立たない財政になっています。
 例えばアメリカでは各州がそれぞれ税金を定めることができ、企業の誘致や住民の引き寄せに対して自治体同士が競い合っています。日本でももちろん地方ごとに税率を定められますが、やはり地方自治体の権限が相対的に低いことから地方の税収は安定せず、国に頼らざるを得ない状態になっています。 
 中央政府の役割は国にしかできない分野に限って他はなるべく縮小し、住民や企業に対する政策は地方自治体に任せるべきではないかと思います。これにより自治体同士の競争の効果で地方政治の質も高まり、地方経済の活性化が図れるはずです。


また、テレワークなどの遠隔労働を普及させることも効果があると考えます。
実際に作業を行うのは自宅でも可能なのに毎日オフィスに通っているという人は多いと思います。
インターネットがこれほど普及した現代において必ずしも全員が会社に集まる必要性はないでしょう。例えば週に1回打ち合わせをする日を決めて通勤、残りは自宅で作業する、などの形態が出来れば、「会社が都心にあっても自宅は馴染みのある地方に持つ」ということが出来、無理して窮屈な首都圏に暮らす必要は無くなります。
また、そもそもスカイプなどでweb会議ができるのですから、あとは働く側がこれに慣れさえすれば直接会って打ち合わせする頻度はもっと少なく済むでしょう。


というわけで私は
・地方分権(政治面)
・リモートワークの推進(企業面)
の二点が重要と考えてます。
地方分権については大阪維新の会や旧みんなの党などが「道州制」などを掲げていましたね。
あれらは財政的合理性から提案がされていますが、私はもう一つの視点からもこの政策を支持しています。
それは「地方ごとに特色の異なる発展をすることで日本が面白い国になるのではないか」という考えです。



私は地方出身ですので、各地方がもっと活性化してほしいと願っています。
特に歴史上栄えていた都市であったのに現代では元気が無くなっている街などを見ると、「なんてもったいないんだろう」と思ってしまいます。東京一極集中が無ければもしかしたら当時の街並みやその街独特の風土、風習をもっと色濃く継承した面白い都市が地方にいくつもあったかもしれないのです。


 今ならばまだそんな地方都市に元気を取り戻すことも出来るかもしれませんが、この先何十年も今の形が続いたら、首都圏への人口の集中はますます進んでしまうでしょう。地方都市がただの観光地域になってしまう前に、地方分権を進めて面白い日本が再形成されてくれると良いですね