野村萬斎氏主演、のぼうの城  感想 レビューです。





〜だからのぼう様は慕われる〜
のぼうはおバカキャラを演じて人に好かれようとしているのか、あるいは本当にただのおバカなのか。
いや、彼は純粋に人間が好きなのだ。だからこそあんなにも無邪気なのだ。そしてそんな彼の周りには彼を心から慕う者たちが自然と集まってくる。みんな自分の意思でのぼうのために命をかけている。

彼がいざとなれば民のために涙を流し、命を張ることが出来る主だと、みんな無意識に分かっていたのだろう。

人の上に立つものとそれに従う人たちの関係として最も美しい形だ。
尊敬や信頼よりもたいせつなのはきっと相手を好きになれるかどうかなのだ。





注目はなんと言ってもやはり野村萬斎の痛快演技!
頼りないけどやるときはやる。気さくで魅力的な主君を見事に演じています。








レンタル御希望の方はTUTAYA宅配レンタルがおすすめです↓