今日は映画「クライマーズハイ」の紹介です






1.概要

1985年、群馬県御巣鷹山で起きた日航機墜落事故をめぐって翻弄(ほんろう)される地元の新聞記者たちの姿を描く社会派ドラマ。実際に記者として日航機墜落の取材をした作家・横山秀夫が自らの体験を反映した同名小説を、映画『金融腐蝕列島 [呪縛]』の原田眞人監督が映像化した。地元新聞社の熱血漢デスクを『ALWAYS 三丁目の夕日』の堤真一が演じたほか、『殯(もがり)の森』の尾野真千子ら実力派が集結。感情が激しく交わる濃密な1週間の人間ドラマに圧倒される。 (yahoo映画より引用)

2.あらすじ



1985年8月12日、乗員乗客524名を乗せた日航機123便が、群馬と長野の県境に墜落、その一報が北関東新聞社に入る。編集部で全権デスクに任命された悠木和雅(堤真一)は記者として扱う一大ニュースに対する興奮を禁じえないが、中央紙とのスクープ合戦や組織や家族との衝突を経て、命の重さに対しわき上がる使命感を覚える。(yahoo映画より引用)

3.命を追った、あの夏 これぞシリアス映画!

舞台は群馬のローカル新聞社編集部
本作は飛行機墜落事故の現場となった群馬県で地元新聞記者達の取材、報道をめぐる人間ドラマである

悠木はベテラン記者でありながら無役職、しかし周囲からは認められていた実力派の記者であった。
今回飛行機墜落事故に関する報道の一切を一任される「日航機全権デスク」に任じられる。

ローカル新聞社にとって地元でこれほどの事故が起きることはまたとない出来事であり、悠木らは地元記者としてのプライドをかけてこの事故の報道に取り組む

舞台である関東新聞社の登場人物たち↓
・不遇の世代である悠木らベテラン世代の意地
・功績にはやる若手世代の佐山(堺雅人)、玉置(尾野真千子)神沢(滝藤賢一)
・過去の栄光に驕り若い世代の足を引っ張ろうとする管理職世代の
等々力(遠藤憲一)、迫村(蛍雪次郎)、粕谷(中村育二)ら
・そして関東新聞社社長(山崎努)。悠木を「飼い犬」と言い放ち彼を冷遇しながらも手放さない、悠木にとっての呪縛のような存在

日航機墜落事故という深刻かつ大規模な、そして実際の事件が題材であるが故にその人間ドラマのシリアスさも尋常ではない

さらに悠木の中間管理職としての組織の中での苦悩が重ねて描かれることで多くの人々に共感を呼んでいることだろう
・部下の思いを汲みながらも、血気にはやる彼らを諫めなければならない上司としての責務
・過去の栄光に固執し現役世代を頭ごなしに否定する上司たちとの闘い
・「自分の仕事」として自分のこだわりを貫きたいという意地

一見どこにでもある光景で、サラリーマンならば身に覚えがある状況だと思うが、普段のなんてことない業務の中では「会社ってそういうもんだから仕方ない」と思ってなあなあで済ませているかもしれない。

クライマーズハイでは
人の生き死にがかかっているし、記者としての一生に一度の大仕事であるが故に、「仕方ない」では済ませることのできない、「プライド」や「責任感」がぶつかり合うのである。

・命懸けで届けた「現場雑観」が握りつぶされた時の佐山(堺雅人)の表情
・現場の凄惨さを目の当たりにし精神を病んでしまう神沢(滝藤賢一)
・自分が正しいと思うことをしようと上司とぶつかり合う悠木(堤真一)
・正論をぶつけてくる部下に対して自分のプライド、メンツを守るためにただただ叱責や大声で押し込めようとする等々力の老害っぷり

正に
組織の構図そのままである
自分たちもこれくらいの気概を持って日々の仕事に取り組まなければならないと考えさせられる描写である。


堤真一さんの他作品はこちら↓
 

4.功績にはやる関東新聞社の面々が取った行動とは?



以下、ネタバレを含みます

事故当日から「大手の新聞社に負けない記事を書く」ことにこだわりがむしゃらに取材を続けていた悠木達。

しかし、
・事故の被害者には遺族がいること
・現場の凄惨さに精神を病んだ神沢の死

等を経て悠木は「何のために報道があるのか」について考えを改め始める。
自分たちは功を急ぐあまり一種の「クライマーズハイ」(登山家が興奮状態で恐怖感がマヒしてしまうこと)に落ちいっていることに気づいたのである。

佐山と玉置は事故原因についての裏取りに成功し悠木に報告をする。
しかし悠木は情報元の「100%と断言はできない」という言葉を受けて記事にするのを取りやめるのだった。
この時の悠木の心情はどんなものだったのでしょう?

・誤報を飛ばした時のリスクを恐れたのか
・ハイになってしまっていた自分たちが怖くなってしまったのか

一度の鑑賞ではうまく読み解けませんでしたが、それくらい複雑な感情だったということでしょうか。
演じ切った堤真一、さすがです

本作は登場人物たちの「マジな会話劇」が飛び交います。

そのシリアスさに目が離せず入り込んでしまう、映画を見ている私たちもハイになってしまう。
そんな映画です。



組織の中での男たちのぶつかり合いの真骨頂

サラリーマンの皆さん、この映画を見て
「自分は日々どれだけ自分を押し殺しているか」
見つめなおす良い機会として頂ければと思います。


Blu-rayはこちら↓


by カエレバ