今日は「夜は短し歩けよ乙女」の紹介です
 




1.概要

第20回山本周五郎賞、第4回本屋大賞第2位に輝いた森見登美彦の小説をアニメ映画化。京都の移りゆく四季を背景に、パッとしない大学生と彼が片思いする後輩の恋の行方を、個性的な仲間たちが起こす珍事件と共に描く。主人公の声を、テレビドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」などの星野源が担当。監督の湯浅政明をはじめ、脚本の上田誠、キャラクター原案の中村佑介ら、森見原作によるテレビアニメ「四畳半神話大系」のスタッフが再集結する。(yahoo映画より引用)

2.あらすじ

クラブの後輩である“黒髪の乙女”に恋心を抱く“先輩”は、「なるべく彼女の目に留まる」略してナカメ作戦を実行する。春の先斗町に夏の古本市、秋の学園祭と彼女の姿を追い求めるが、季節はどんどん過ぎていくのに外堀を埋めるばかりで進展させられない。さらに彼は、仲間たちによる珍事件に巻き込まれ……。(yahoo映画より引用)

3.古都 京都で古風な二人がファンタジーを繰り広げます

不思議だけどどこか魅力的な「黒髪の乙女」が京都の街へ繰り出して 「騒動を起こしていく」一方で、

彼女に一途に恋をした「先輩」が今夜こそは距離を縮めよう、と彼女を追いかけるうちに
「騒動に巻き込まれていく」というお話


黒髪の乙女は何にでも興味を持ち誰とでも打ち解けられる「物語の主役」となれるキャラクターである一方、
先輩は彼女が引き起こした騒動の端っこでドタバタしているだけで中々近づけません。

展開を見ていても「この二人がくっつくビジョンが見えん」 となってしまいますが
なるべく、彼女の、目にとまる
ナカメ作戦」は功をそうするのか

冴えない人生を送る男たちへの応援ストーリーですね。

4.時間軸はどうなってる?この不思議な世界観よ

物語は四部構成
先斗町飲み歩き 編
夏の古本市 編
秋の文化祭 編
冬の風邪見舞い 編

四季折々の京都の街の季節感が魅力的に描かれ、「京都に住んでみたいわ〜」と思わされますね

しかし本作の面白い所はこれらが一夜で起きた出来事だとされていること

物語序盤で「歳を取ると時間の進みが早くなる」という設定が語られ、各々「自分の腕時計」で時間のスピードを見せ合います。

黒髪の乙女の時計は普通のスピードですが、還暦祝いをしているおじいさん達の時計はぐるぐる回っており、
人によって時間の進みが違う世界であることを示唆


色んなことに興味を持ち人生に退屈していない黒髪の乙女は一晩が一年中にも感じられるほど中身の詰まった経験をしているということですね

5.押し寄せるキャラクター勢、プチフラグの嵐

個性的なキャラクターばかりの本作、次々と場面が移り変わる中で「これあの場面でこの人が言ってたヤツか!」というシーンが沢山登場します

物語冒頭で登場する先輩の友人である
生徒会長の女装癖や
パンツ総番長の恋物語

は意外な所で伏線が回収されていきますし

竜巻で飛ばされたと言っていた春画おじさんの鯉が重要な場面で空から降ってきたりと
小さなフラグ回収が連発される中で登場人物同士が繋がっていく様子が「パーティ感」があって

面白くもあり、ハートウォーミングでもあり、自分も彼らの仲間に入ったような気持ちで見られます。

四畳半神話体系のキャラクターも登場するのでアニメを見ていた人はより入り込んでいけますね。

6.パッとしない先輩 彼の生きる糧とは?※ネタバレ含む

主人公「先輩」はパッとしない雰囲気で、女性関係にも疎く、何かサークル活動を行っている様子もなく、さぞや退屈な生活を送っているのだろうと思ってしまいますが、

彼の「時計の進むスピード」はどうかというと、実は黒髪の乙女と同じく、
この一夜の出来事を「一夜」として認識していたことが、物語の終盤で明らかになります(さりげなく明かされます)

彼は自分自身では人生を面白くすることが中々できない人間かもしれませんが、「黒髪の乙女」を必死に追いかけることで非常に充実した生活を送っているということなのでしょう

相まみえないかに見えた二人が共有していたもの、 それは「時間への価値観」でした

実は黒髪の乙女も先輩を意識していたことが分かったときはこっちまで「やったじゃん!」となりますよね

目まぐるしい生活を送る彼女にとって同じ感覚で時間を過ごしてくれる「先輩」が魅力的に映っていたようです。

物語のラストで 「あの一夜の出来事を二人で語り合いたい」 という二人の思惑が一致していることからみても、同じ時間間隔の相手というのはとても貴重な存在なのかもしれません。


皆さんにもそんなお相手が見つかりますよう~

森見 登美彦原作映画はこちら↓
 




「夜は短し歩けよ乙女」はU-NEXTで視聴できます。(初月無料です~)