今日は話題の映画「セトウツミ」の感想 レビューです




~概要~
関西の男子高校生2人が放課後に何となく会話するだけという異色さで話題の、此元和津也による人気漫画を実写映画化。タイトルは瀬戸と内海という主人公2人の名前を組み合わせたもので、彼らが交わす嘲笑的でユーモアを織り交ぜた掛け合いが展開していく。クールな内海役には『海を感じる時』などの池松壮亮、天然キャラの瀬戸役に『共喰い』などの菅田将暉。監督は『まほろ駅前多田便利軒』などの大森立嗣が務める。
(yahoo映画より引用)

~あらすじ~
性格は正反対だがどこかウマの合う高校2年生の内海想(池松壮亮)と瀬戸小吉(菅田将暉)は、放課後にいつも河原で話をしながら暇つぶしをしている。くだらない言葉遊びや、思いを寄せる女子へのメールの内容、時にはシリアスなことも語り合う。そんな二人を見守る同級生の樫村一期(中条あやみ)に瀬戸は憧れているが、樫村は内海に好意を抱いており……。
(yahoo映画より引用)


~おバカなセト、インテリのウツミ~
ちょっとおバカだけどポジティブで良いやつのセト(菅田将暉)
一見取っつきにくいけどエッジの効いたツッコミを持つウツミ(池松壮亮)

二人が河原で座り込んで会話するだけの映画ですが、
誰もが共感できる「くだらない話の面白さ」をこれでもかというくらい詰め込んでくれています。
自分も男子高校生の頃こんなノリで話してたな~と思うシーンが多々あります。


各話のナイスやり取りを紹介していきます。
映画を見た方は思い出してほくそ笑んでください。
~第1話 神妙な面持ち~
「普通のどこにでもいるおっさんや」
「何歳ぐらい?」
「30代から50代くらいかな」
「なんやその白骨死体ばりの年齢の幅は」


「相乗効果ってやつや」
「あ~シナジー効果ってやつな」
「…」
「腹減ったな~」
「さっきハンバーガー買おう言ったら要らん言うたやん」
「おれ白ご飯の方が好きやねん」
「お~ライスってやつやな」
「…うん、え?シナジー効果でイラっと来たん?」



~第2話 アメとムチ~
「いやお前犯行声名文か」
「男らしさとか考えてたら1週回ってそれが一番ええんかなと思って」
「1週半回ってちょうど怖いねん」

「小吉、はよ帰りや 今日カレーの初日やで」
「何日か続くの前提やん」


~第3話 イカクとギタイ~
「樫村さんとのデートの節があるねん」
「嘘つくなやそんで節を約束みたいに使うな」
「疑ってる節があるな」
「無理やり節がある選手権盛り上がってるようにせんでええで」


~第0話 内海想の出会い~
「部屋に大量のコバエが発生して寝られへんねん」
「殺虫剤使えば?」
「ウチ猫飼ってるから、そういうケミカル的な奴あかんねん」
「じゃあ食虫植物置いたら?」
「天才かお前」


~第4話 先祖と子孫~

「クモが居るってことはその餌になるゴキブリも居るってことやで」
「うそやん、もう最悪や 泣きっ面にハチか」
「3匹目の虫が出てきてややこしいねん」


「お前お化け怖無いん?」
「クモの方がよっぽど怖いわ」
「うーわ!出るわ今日。枕元にお化け出るわ」
「出えへんわ!」
「甲冑きてすんごい長いサーベル持ったお化け出るわ」
「なんでウチに異国のお化けが出んねん、ヨーロッパ風の!」

二人のテンポと良いタイミングで流れるBGMが笑いを誘うので、ぜひ映像でご覧ください。


~セトとウツミの友情~
セトとウツミの出会いや二人の友情が要所要所で描かれ、ちょっと眼頭が熱くなります。

河原でくだらない話をしているだけの二人ですが
毎日会話をしているということはそれだけお互いのことを理解しあえているということ

セトは樫村さんに片思いをしており、その樫村さんはウツミのことが好きという三角関係になってしまっていますが、樫村さんからウツミのことを相談されたセトは「あいつも悪気はないねん」と擁護します。

恋愛よりもウツミとの友情を大事にするセト
二人で何かを成し遂げた訳でもないし、特別付き合いが長いわけでもない
性格も違う二人ですが、通じるものがあるのですね
二人だけであそこまで会話が続けられるという関係もそうそうないでしょうし

そんな友達が出来たら確かに恋愛よりも大切にした方が良いのかもしれません。


セトウツミはU-NEXTで視聴できます。







菅田将暉さんの他作品はこちら