映画 バクマン 感想 レビューです




~概要~
「DEATH NOTE」の原作コンビ、大場つぐみと小畑健によるテレビアニメ化もされた大ヒット漫画を、『モテキ』などの大根仁監督が実写映画化した青春ドラマ。性格の違う高校生2人がタッグを組み漫画家への道を歩んでいくさまを、大根監督ならではの巧みな映像表現を駆使して描く。週刊少年ジャンプでの連載を目指して日々奮闘する漫画家コンビには、佐藤健と神木隆之介。実在の漫画作品や出版社が実名で登場するほか、劇中使用される漫画の原稿を小畑自身が描いている。
(yahoo映画より引用)


~あらすじ~
優れた画力を持ちながら将来の展望もなく毎日を過ごしていた高校生の真城最高(佐藤健)は、漫画原作家を志す高木秋人(神木隆之介)から一緒に漫画家になろうと誘われる。当初は拒否していたものの声優志望のクラスメート亜豆美保への恋心をきっかけに、最高はプロの漫画家になることを決意。コンビを組んだ最高と秋人は週刊少年ジャンプ連載を目標に日々奮闘するが……。
(yahoo映画より引用)


~友情、努力、勝利 を漫画家目線で~
少年ジャンプのキャッチコピー
「友情 努力 勝利」

ジャンプの漫画と言えばバトル漫画、冒険漫画などが多く、「ONE PIECE」や「NARUTO」などは正にその王道、キャッチコピーをしっかりと再現した人気作品ですが、

バクマン」はそんな王道漫画を作り出す「漫画家たち」にスポットを当て、
彼らの仕事自体が 「友情 努力 勝利」 によって日々成し遂げられている様子を描いています。


原作は「DEATH NOTE」の作者が描かれていますので、
やはり
・セリフ多め
・画力高し
・頭脳戦(分析戦)
な雰囲気が強い作品になっていました。

個人的に原作も好きでしたが、映画verは
青春ドラマ感
を強めて描いています。

設定はそのままに良い具合にムードだけを青春に変えてくれており、
より見ている人が「漫画家に憧れる」ような作りになっていると感じます。


~きっかけは初恋、青春ドラマに恋愛要素は欠かせません~
主人公真城(佐藤健)の亡き叔父は生前漫画家をしていましたが、過酷な漫画家生活の末、命を落としていました。
真城はそんな叔父の姿を見ていたため、幼少の頃こそ叔父に憧れて漫画家を志していたものの、高校生になった今漫画家に対する熱意は全くなくなっていました。

そんな真城がもう一度漫画家を目指そうと思ったきっかけは
クラスメイトである小豆美保と勢いで
「お互いの夢が叶ったら結婚する」という約束をしたことでした。

小豆の夢は声優、真城の夢は漫画家
真城の作品がアニメ化し、小豆がその作品のヒロインを演じることをお互いの共通の目標としたのでした。

このシーンは「そんな女の子いないし、そんな話ないっしょ」となってしまうような展開でむずがゆくなりますが、
現代の高校生男子一度諦めた夢を追いかける理由としては実はとても分かりやすく共感できるものかもしれません。

大根仁監督は「モテキ」などでもその雰囲気がありましたが、
展開に対するツッコミどころは目をつむって

「実際にはあり得ないけど若者が嬉しくなってしまうようなストーリー展開」
をしているような気がします。

特に少年漫画を題材にしているお話なので「青春恋愛要素」でもって展開にムネアツを加えるのは映画を楽しくしてくれて良いですよね



~漫画家の過酷さ、漫画を読む目が変わりそう~
本作は漫画家の仕事の過酷さや苦悩を描き、
・人気漫画を生み出すことの難しさ
・マンガの人気を維持することの大変さ
・週刊連載のハードさ

など、普段楽しくマンガを読ませてもらっているだけでは到底創造が付かなかった漫画家の裏側が語られています。

最初は人間ドラマ系のマンガだったのにいつの間にかバトルマンガに変わってしまうマンガって特にジャンプでは多い気がしますが
(幽遊白書、ブリーチ、家庭教師ヒットマンリボーン、テニスの王子様など)

こういった展開の裏側にはジャンプのアンケート調査による「読者人気に寄せる」方針が関わっていたのかと、
今までなんとなく「最近バトルになっているな~、描くこと無くなっちゃったのかな」
とか思ってましたが、いろいろな事情があるんですね

こう見ると、当初から作風を変えずに描き切れた作品ってホントにすごいなと思いますよね



映画「バクマン」は
・マンガ家の苦悩
・青春ドラマ
を組み合わせたスッキリみられる映画です。
ぜひご覧ください


「バクマン」はU-NEXTで視聴可能です。






大根仁監督の他作品はこちら