ひねくれてtonight 〜ひねくれサラリーマンによる映画レビューブログ〜

今夜もサラリーマンが詭弁を垂れる、皆さんはそれを読む。It’s win-win!!

カテゴリ: 映画

今日は話題の映画「セトウツミ」の感想 レビューです




~概要~
関西の男子高校生2人が放課後に何となく会話するだけという異色さで話題の、此元和津也による人気漫画を実写映画化。タイトルは瀬戸と内海という主人公2人の名前を組み合わせたもので、彼らが交わす嘲笑的でユーモアを織り交ぜた掛け合いが展開していく。クールな内海役には『海を感じる時』などの池松壮亮、天然キャラの瀬戸役に『共喰い』などの菅田将暉。監督は『まほろ駅前多田便利軒』などの大森立嗣が務める。
(yahoo映画より引用)

~あらすじ~
性格は正反対だがどこかウマの合う高校2年生の内海想(池松壮亮)と瀬戸小吉(菅田将暉)は、放課後にいつも河原で話をしながら暇つぶしをしている。くだらない言葉遊びや、思いを寄せる女子へのメールの内容、時にはシリアスなことも語り合う。そんな二人を見守る同級生の樫村一期(中条あやみ)に瀬戸は憧れているが、樫村は内海に好意を抱いており……。
(yahoo映画より引用)


~おバカなセト、インテリのウツミ~
ちょっとおバカだけどポジティブで良いやつのセト(菅田将暉)
一見取っつきにくいけどエッジの効いたツッコミを持つウツミ(池松壮亮)

二人が河原で座り込んで会話するだけの映画ですが、
誰もが共感できる「くだらない話の面白さ」をこれでもかというくらい詰め込んでくれています。
自分も男子高校生の頃こんなノリで話してたな~と思うシーンが多々あります。


各話のナイスやり取りを紹介していきます。
映画を見た方は思い出してほくそ笑んでください。
~第1話 神妙な面持ち~
「普通のどこにでもいるおっさんや」
「何歳ぐらい?」
「30代から50代くらいかな」
「なんやその白骨死体ばりの年齢の幅は」


「相乗効果ってやつや」
「あ~シナジー効果ってやつな」
「…」
「腹減ったな~」
「さっきハンバーガー買おう言ったら要らん言うたやん」
「おれ白ご飯の方が好きやねん」
「お~ライスってやつやな」
「…うん、え?シナジー効果でイラっと来たん?」



~第2話 アメとムチ~
「いやお前犯行声名文か」
「男らしさとか考えてたら1週回ってそれが一番ええんかなと思って」
「1週半回ってちょうど怖いねん」

「小吉、はよ帰りや 今日カレーの初日やで」
「何日か続くの前提やん」


~第3話 イカクとギタイ~
「樫村さんとのデートの節があるねん」
「嘘つくなやそんで節を約束みたいに使うな」
「疑ってる節があるな」
「無理やり節がある選手権盛り上がってるようにせんでええで」


~第0話 内海想の出会い~
「部屋に大量のコバエが発生して寝られへんねん」
「殺虫剤使えば?」
「ウチ猫飼ってるから、そういうケミカル的な奴あかんねん」
「じゃあ食虫植物置いたら?」
「天才かお前」


~第4話 先祖と子孫~

「クモが居るってことはその餌になるゴキブリも居るってことやで」
「うそやん、もう最悪や 泣きっ面にハチか」
「3匹目の虫が出てきてややこしいねん」


「お前お化け怖無いん?」
「クモの方がよっぽど怖いわ」
「うーわ!出るわ今日。枕元にお化け出るわ」
「出えへんわ!」
「甲冑きてすんごい長いサーベル持ったお化け出るわ」
「なんでウチに異国のお化けが出んねん、ヨーロッパ風の!」

二人のテンポと良いタイミングで流れるBGMが笑いを誘うので、ぜひ映像でご覧ください。


~セトとウツミの友情~
セトとウツミの出会いや二人の友情が要所要所で描かれ、ちょっと眼頭が熱くなります。

河原でくだらない話をしているだけの二人ですが
毎日会話をしているということはそれだけお互いのことを理解しあえているということ

セトは樫村さんに片思いをしており、その樫村さんはウツミのことが好きという三角関係になってしまっていますが、樫村さんからウツミのことを相談されたセトは「あいつも悪気はないねん」と擁護します。

恋愛よりもウツミとの友情を大事にするセト
二人で何かを成し遂げた訳でもないし、特別付き合いが長いわけでもない
性格も違う二人ですが、通じるものがあるのですね
二人だけであそこまで会話が続けられるという関係もそうそうないでしょうし

そんな友達が出来たら確かに恋愛よりも大切にした方が良いのかもしれません。


セトウツミはU-NEXTで視聴できます。







菅田将暉さんの他作品はこちら







映画 バクマン 感想 レビューです




~概要~
「DEATH NOTE」の原作コンビ、大場つぐみと小畑健によるテレビアニメ化もされた大ヒット漫画を、『モテキ』などの大根仁監督が実写映画化した青春ドラマ。性格の違う高校生2人がタッグを組み漫画家への道を歩んでいくさまを、大根監督ならではの巧みな映像表現を駆使して描く。週刊少年ジャンプでの連載を目指して日々奮闘する漫画家コンビには、佐藤健と神木隆之介。実在の漫画作品や出版社が実名で登場するほか、劇中使用される漫画の原稿を小畑自身が描いている。
(yahoo映画より引用)


~あらすじ~
優れた画力を持ちながら将来の展望もなく毎日を過ごしていた高校生の真城最高(佐藤健)は、漫画原作家を志す高木秋人(神木隆之介)から一緒に漫画家になろうと誘われる。当初は拒否していたものの声優志望のクラスメート亜豆美保への恋心をきっかけに、最高はプロの漫画家になることを決意。コンビを組んだ最高と秋人は週刊少年ジャンプ連載を目標に日々奮闘するが……。
(yahoo映画より引用)


~友情、努力、勝利 を漫画家目線で~
少年ジャンプのキャッチコピー
「友情 努力 勝利」

ジャンプの漫画と言えばバトル漫画、冒険漫画などが多く、「ONE PIECE」や「NARUTO」などは正にその王道、キャッチコピーをしっかりと再現した人気作品ですが、

バクマン」はそんな王道漫画を作り出す「漫画家たち」にスポットを当て、
彼らの仕事自体が 「友情 努力 勝利」 によって日々成し遂げられている様子を描いています。


原作は「DEATH NOTE」の作者が描かれていますので、
やはり
・セリフ多め
・画力高し
・頭脳戦(分析戦)
な雰囲気が強い作品になっていました。

個人的に原作も好きでしたが、映画verは
青春ドラマ感
を強めて描いています。

設定はそのままに良い具合にムードだけを青春に変えてくれており、
より見ている人が「漫画家に憧れる」ような作りになっていると感じます。


~きっかけは初恋、青春ドラマに恋愛要素は欠かせません~
主人公真城(佐藤健)の亡き叔父は生前漫画家をしていましたが、過酷な漫画家生活の末、命を落としていました。
真城はそんな叔父の姿を見ていたため、幼少の頃こそ叔父に憧れて漫画家を志していたものの、高校生になった今漫画家に対する熱意は全くなくなっていました。

そんな真城がもう一度漫画家を目指そうと思ったきっかけは
クラスメイトである小豆美保と勢いで
「お互いの夢が叶ったら結婚する」という約束をしたことでした。

小豆の夢は声優、真城の夢は漫画家
真城の作品がアニメ化し、小豆がその作品のヒロインを演じることをお互いの共通の目標としたのでした。

このシーンは「そんな女の子いないし、そんな話ないっしょ」となってしまうような展開でむずがゆくなりますが、
現代の高校生男子一度諦めた夢を追いかける理由としては実はとても分かりやすく共感できるものかもしれません。

大根仁監督は「モテキ」などでもその雰囲気がありましたが、
展開に対するツッコミどころは目をつむって

「実際にはあり得ないけど若者が嬉しくなってしまうようなストーリー展開」
をしているような気がします。

特に少年漫画を題材にしているお話なので「青春恋愛要素」でもって展開にムネアツを加えるのは映画を楽しくしてくれて良いですよね



~漫画家の過酷さ、漫画を読む目が変わりそう~
本作は漫画家の仕事の過酷さや苦悩を描き、
・人気漫画を生み出すことの難しさ
・マンガの人気を維持することの大変さ
・週刊連載のハードさ

など、普段楽しくマンガを読ませてもらっているだけでは到底創造が付かなかった漫画家の裏側が語られています。

最初は人間ドラマ系のマンガだったのにいつの間にかバトルマンガに変わってしまうマンガって特にジャンプでは多い気がしますが
(幽遊白書、ブリーチ、家庭教師ヒットマンリボーン、テニスの王子様など)

こういった展開の裏側にはジャンプのアンケート調査による「読者人気に寄せる」方針が関わっていたのかと、
今までなんとなく「最近バトルになっているな~、描くこと無くなっちゃったのかな」
とか思ってましたが、いろいろな事情があるんですね

こう見ると、当初から作風を変えずに描き切れた作品ってホントにすごいなと思いますよね



映画「バクマン」は
・マンガ家の苦悩
・青春ドラマ
を組み合わせたスッキリみられる映画です。
ぜひご覧ください


「バクマン」はU-NEXTで視聴可能です。






大根仁監督の他作品はこちら




今日は「夜は短し歩けよ乙女」の紹介です
 




1.概要

第20回山本周五郎賞、第4回本屋大賞第2位に輝いた森見登美彦の小説をアニメ映画化。京都の移りゆく四季を背景に、パッとしない大学生と彼が片思いする後輩の恋の行方を、個性的な仲間たちが起こす珍事件と共に描く。主人公の声を、テレビドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」などの星野源が担当。監督の湯浅政明をはじめ、脚本の上田誠、キャラクター原案の中村佑介ら、森見原作によるテレビアニメ「四畳半神話大系」のスタッフが再集結する。(yahoo映画より引用)

2.あらすじ

クラブの後輩である“黒髪の乙女”に恋心を抱く“先輩”は、「なるべく彼女の目に留まる」略してナカメ作戦を実行する。春の先斗町に夏の古本市、秋の学園祭と彼女の姿を追い求めるが、季節はどんどん過ぎていくのに外堀を埋めるばかりで進展させられない。さらに彼は、仲間たちによる珍事件に巻き込まれ……。(yahoo映画より引用)

3.古都 京都で古風な二人がファンタジーを繰り広げます

不思議だけどどこか魅力的な「黒髪の乙女」が京都の街へ繰り出して 「騒動を起こしていく」一方で、

彼女に一途に恋をした「先輩」が今夜こそは距離を縮めよう、と彼女を追いかけるうちに
「騒動に巻き込まれていく」というお話


黒髪の乙女は何にでも興味を持ち誰とでも打ち解けられる「物語の主役」となれるキャラクターである一方、
先輩は彼女が引き起こした騒動の端っこでドタバタしているだけで中々近づけません。

展開を見ていても「この二人がくっつくビジョンが見えん」 となってしまいますが
なるべく、彼女の、目にとまる
ナカメ作戦」は功をそうするのか

冴えない人生を送る男たちへの応援ストーリーですね。

4.時間軸はどうなってる?この不思議な世界観よ

物語は四部構成
先斗町飲み歩き 編
夏の古本市 編
秋の文化祭 編
冬の風邪見舞い 編

四季折々の京都の街の季節感が魅力的に描かれ、「京都に住んでみたいわ〜」と思わされますね

しかし本作の面白い所はこれらが一夜で起きた出来事だとされていること

物語序盤で「歳を取ると時間の進みが早くなる」という設定が語られ、各々「自分の腕時計」で時間のスピードを見せ合います。

黒髪の乙女の時計は普通のスピードですが、還暦祝いをしているおじいさん達の時計はぐるぐる回っており、
人によって時間の進みが違う世界であることを示唆


色んなことに興味を持ち人生に退屈していない黒髪の乙女は一晩が一年中にも感じられるほど中身の詰まった経験をしているということですね

5.押し寄せるキャラクター勢、プチフラグの嵐

個性的なキャラクターばかりの本作、次々と場面が移り変わる中で「これあの場面でこの人が言ってたヤツか!」というシーンが沢山登場します

物語冒頭で登場する先輩の友人である
生徒会長の女装癖や
パンツ総番長の恋物語

は意外な所で伏線が回収されていきますし

竜巻で飛ばされたと言っていた春画おじさんの鯉が重要な場面で空から降ってきたりと
小さなフラグ回収が連発される中で登場人物同士が繋がっていく様子が「パーティ感」があって

面白くもあり、ハートウォーミングでもあり、自分も彼らの仲間に入ったような気持ちで見られます。

四畳半神話体系のキャラクターも登場するのでアニメを見ていた人はより入り込んでいけますね。

6.パッとしない先輩 彼の生きる糧とは?※ネタバレ含む

主人公「先輩」はパッとしない雰囲気で、女性関係にも疎く、何かサークル活動を行っている様子もなく、さぞや退屈な生活を送っているのだろうと思ってしまいますが、

彼の「時計の進むスピード」はどうかというと、実は黒髪の乙女と同じく、
この一夜の出来事を「一夜」として認識していたことが、物語の終盤で明らかになります(さりげなく明かされます)

彼は自分自身では人生を面白くすることが中々できない人間かもしれませんが、「黒髪の乙女」を必死に追いかけることで非常に充実した生活を送っているということなのでしょう

相まみえないかに見えた二人が共有していたもの、 それは「時間への価値観」でした

実は黒髪の乙女も先輩を意識していたことが分かったときはこっちまで「やったじゃん!」となりますよね

目まぐるしい生活を送る彼女にとって同じ感覚で時間を過ごしてくれる「先輩」が魅力的に映っていたようです。

物語のラストで 「あの一夜の出来事を二人で語り合いたい」 という二人の思惑が一致していることからみても、同じ時間間隔の相手というのはとても貴重な存在なのかもしれません。


皆さんにもそんなお相手が見つかりますよう~

森見 登美彦原作映画はこちら↓
 




「夜は短し歩けよ乙女」はU-NEXTで視聴できます。(初月無料です~)
 

今日は映画  清須会議のレビューです




1.概要



数々のヒット作を作り出してきた三谷幸喜が、およそ17年ぶりに書き下ろした小説を自ら映画化した群像喜劇。本能寺の変で織田信長が亡くなった後、織田家後継者と領地配分を決めるために、柴田勝家や羽柴秀吉らが一堂に会した清須会議の全容を描く。役所広司演じる勝家と大泉洋ふんする秀吉の主導権争いを軸に、それぞれに思惑を秘めた登場人物たちが駆け引きを繰り広げていく。そのほか佐藤浩市、妻夫木聡、浅野忠信、西田敏行ら豪華キャストが勢ぞろいする。

2.あらすじ

本能寺の変によって織田信長が亡くなり、筆頭家老の柴田勝家(役所広司)と羽柴秀吉(大泉洋)が後見に名乗りを上げた。勝家は三男の信孝(坂東巳之助)、秀吉は次男の信雄(妻夫木聡)を信長亡き後の後継者として指名し、勝家は信長の妹・お市(鈴木京香)、秀吉は信長の弟・三十郎信包(伊勢谷友介)を味方にする。そして跡継ぎを決めるための清須会議が開催されることになり、両派の複雑な思惑が交錯していく。
(yahoo映画より引用)

3.三谷映画きってのキャラクターもの



本作は実際の歴史上の出来事である「清須会議」を題材にコメディタッチに仕上げたエンターテイメントです
当然登場人物は歴史上の人物ばかりになるわけですが、これは実は結構難しくて、真面目に忠実に描こうとしてもコメディにならないし、あまり実際の人物像とかけ離れると「これ誰?」となってしまいます

三谷幸喜さんはこの辺が絶妙で
「この柴田勝家愛らしいな〜」とか
「この信長ちょっとコミカルだなw」とか、

元の人物像を壊さない程度にコメディキャラクターに昇華させてくれているので、歴史好きでも「ライトな時代劇」として楽しく見られます
大河ドラマの真田丸なんかは正にこの雰囲気でしたね
歴史上の人物が普通のおじさんみたいで親しみが感じられます

真田丸はTUTAYAディスカスで見られます↓


4.猛将 柴田勝家 → 単細胞で怒りっぽいおじさんへ昇華

清須会議にて織田家の覇権を争うことになる「柴田勝家」は役所広司さんが演じます。
柴田勝家と言えば織田家が若手ベンチャー企業の頃から信長を支え続けた戦屋ですね
さぞや厳格で義理人情に厚く人望もあったのだろうと思いきや

清須会議では
・単細胞
・周りを説得しようとするが空回り
・自分では策を考えず丹羽長秀にも呆れられる
・うまくいかないと腹を立てて声を荒げる
といった感じで、現代で言う所の
「考え方の古い頑固なおじさん」として描かれています。
こんな勝家を見ていれば「秀吉に覇権を奪われても仕方ないなあ」と思わず納得してしまいますね
これまでで一番人間味のある柴田勝家でしょうね

三谷映画ではこんな感じで「普通のおじさん」をコミカルに描くことが多いように思います。
(「素敵な金縛り」の西田敏行さんしかり)。

5.秀吉はイメージ通り?大泉洋さん、はまり役



豊臣秀吉と言えば気さくで人の心を掌握するのが上手、しかし腹の底ではいろんなことを企んでいる策士、人たらしというイメージです。
大泉洋さん演じる秀吉は、おべんちゃらを言う時の言葉の軽さや土壇場の機転など、個人的には結構イメージ通りという感じです。
私なんかは「豊臣秀吉は大泉洋さんみたいな人だった」と勝手にイメージを持ってしまいましたね。



その他にも
・コワモテ軍司として描かれる黒田官兵衛が子供に泣かれるシーン
・清須会議に遅参した滝川一益が一人で走り続けるシーン(更科六兵衛と出くわします)
・織田信雄(妻夫木聡)のダメ男っぷり
・秀吉も勝家もお市の方が好きで言い寄るも振られる
など人物像や逸話を生かした笑いがふんだんに混ぜ込まれています。



6.事件は会議室で起きてるんだ!

~事件は会議室で起きてるんだ!~
清須会議は正に「会話劇

大泉洋さんや小日向文世さん、佐藤浩市さん、伊勢谷友介などの論劇巧者な役者さんたちが繰り広げてくれています。

信長亡き後の織田家の覇権を羽柴秀吉vs柴田勝家の構図で争うわけですが
勝家はいち早く後継者候補の織田信孝を味方に引き入れます。
信孝の兄である信雄はおバカさんでとても跡目の器ではありませんが、秀吉は仕方なくこちらを立てることにします。

会議までの間、秀吉と勝家は味方を増やそうと画策をしますが、
秀吉は信雄のダメさに振り回され、彼を推すことの説得力の無さに苦心し、
いっぽう勝家は自身の無策を周りに呆れられ思うように優位に進められず、
お互いに難航します。


勝家は盟友である丹羽長秀が味方でしたし、有力な信孝を立てていたため自信満々でしたが、実際には秀吉の策略により少しずつ外堀を埋められていました。

秀吉は丹羽長秀や池田恒興を実質味方につけたもののやはり旗印がダメ男の信雄であることがどうしても不利に働くと考え、起死回生の一手を思いつきます。

それは信長の嫡孫である「三法師」を跡目に推すことでした

信長の正当な跡目と言える三法師を味方にし、完璧なロジックを構築した秀吉は自信満々で会議に臨みます。

エンジンフル稼働の秀吉の議論はスカッとするものがあり、大泉洋さんはこの辺りの演技が本当にうまいですよね。ノーサイドゲームなんかでもブイブイでした

・秀吉の口達者ぶりに圧倒され大声でごまかす勝家
・秀吉の案に乗りながらも勝家にも気を使いながらのらりくらりやる池田恒興
・旧友である勝家に味方したいが、明らかに秀吉有利であり葛藤しながらも心を鬼にして勝家を裏切る丹羽長秀

4者が生み出す緊張感がウマウマです

会議が終了し秀吉勝利が決した後も
・前田利家と秀吉の友情
・長秀と勝家の友情
・お市の秀吉への因縁

など心にグッとくるシーンが満載で、最後までキャラクター勢を使いきっています

とにかく最後まで笑いを交えて描いてくれていますので、
歴史ものを見られるようになりたいけど抵抗がある」という方は「清須会議」から始めてみると良いかもしれませんよ~

また、登場人物は皆それぞれの話し方、立ち回り方で論劇に参加しているため、
議論が苦手」という方、「清須会議」を見て自分にあった議論のスタイルを研究してみると、何か得られるものがあるかもしれませんね

清須会議はU-NEXTで視聴できます。今なら無料ですよ!↓




Blue-rayはこちらから↓
by カエレバ

三谷幸喜さんの他作品はこちら↓










素敵な金縛り







概要


『ザ・マジックアワー』の三谷幸喜監督と深津絵里が再び手を組み、痛快なドタバタ劇に挑戦した法廷ミステリー。ある殺人事件の弁護を依頼されたダメ弁護士が、落ち武者の幽霊を証言台に立たせようと四苦八苦する姿を活写する。俳優陣も西田敏行に阿部寛、竹内結子に浅野忠信に中井貴一と超豪華。三谷監督お得意のコメディーの要素を随所に散りばめながらも、笑いに涙にサスペンスに幽霊の出現までありの摩訶(まか)不思議な物語にくぎ付け。 
(yahoo映画より引用)


あらすじ



失敗が続いて後がない弁護士のエミ(深津絵里)は、ある殺人事件を担当することになる。被告人は犯行が行われたときに自分は金縛りにあっていたので、完ぺきなアリバイがあると自らの身の潔白を主張。エミはそのアリバイを実証するため、被告人の上に一晩中のしかかっていた幽霊の落ち武者、六兵衛(西田敏行)を証人として法廷に召喚させるが……。
(yahoo映画より引用)


 

三谷映画+プチ時代劇



本作は西田敏行演じる幽霊の「更科六兵衛」に現代の裁判で証言をしてもらう、というお話。

この
・戦国武将で
・幽霊で
・現代のことにも少し精通している

という難しい役柄を西田敏行さんは見事に演じ切っています。

登場時点では
「しかばね荘」という心霊旅館に居り、そこである男(深津絵里さんの受け持つことになる容疑者)の上にまたがり金縛りを掛けた、というまともな幽霊みたいな行動をしているわけですが、いざ深津絵里さんに出会い「裁判での弁護」を頼まれると
・今回の裁判は裁判員裁判となるのか
・腹が減ったからファミリーレストランによってくれ
などと普通のおじさんみたいなことを言い出すので、そのギャップが笑えるのです。


っていうか幽霊ってその場所からあまり動けないものなんじゃないのかよw
普通に自由に車移動しちゃってるんだけどw



深津絵里さん 永遠の少女感

主人公は深津絵里さん演じる若手弁護士
裁判では失敗ばかりで新米感の抜けないキャラクターですが、ここで新垣結衣さん等の若手女優ではなく「深津絵里さん」という所がミソですよね
三谷喜劇のような絶妙な空気感から笑いを生んでいく映画ではやはり深津絵里さんくらいの年季が無ければ務まらないでしょう

ベテラン女優にも関わらずあのあどけなさ、頼りなさ、純真さを完璧に演じています

最近あまり見かけない気がしますが、また出てほしいですね


幽霊とともに成し遂げるサクセスストーリー

初めは他の人達には見えない「幽霊」にどうやって証言させるか
が主題になっており、
「上手いことやって証言させて終わりかな?」と思いきや

・中井貴一さん演じる検事も実は六兵衛さんが見えていること
・小日向文世さん演じる謎のエージェントの登場
などの要素により予想を上回る面白い展開に発展していきます


六兵衛さんを証人として認めてもらうことは出来るも、その後の
「幽霊が見える裁判」ならではの思わぬ展開に目が離せません

六兵衛さんと深津絵里さんの友情が深まっていく様子もハートウォーミングでなおよし

三谷喜劇がぎゅっと詰まった良作です
是非ご覧下さい

三谷幸喜さんの他作品はこちら↓




素敵な金縛りはU-NEXTで視聴できます 今なら初月無料です↓

プライムビデオはこちら↓





↑このページのトップヘ