ひねくれてtonight 〜ひねくれサラリーマンによる映画レビューブログ〜

今夜もサラリーマンが詭弁を垂れる、皆さんはそれを読む。It’s win-win!!

カテゴリ: ヒューマンドラマ

今日は 三谷幸喜 監督の最新作 「記憶にございません!」 の紹介です

 

~概要~

『ザ・マジックアワー』などの三谷幸喜がメガホンを取った政界コメディー。国民から全く支持されていない総理大臣が記憶喪失になったことから起こる騒動を描く。主人公の総理大臣を、三谷監督作『ステキな金縛り』などに出演してきた中井貴一。『海を駆ける』などのディーン・フジオカ、『マチネの終わりに』などの石田ゆり子、『体操しようよ』などの草刈正雄、『64-ロクヨン-』シリーズなどの佐藤浩市らが出演する。(yahoo映画より引用)

~あらすじ~

病院のベッドで目覚めた男(中井貴一)は一切の記憶がなく、病院を抜け出して見たテレビで、自分が国民から石を投げられるほど嫌われている総理大臣の黒田啓介だと知る。国政の混乱を避けるため、記憶喪失になったことを国民や家族には知らせず、真実を知る3人の秘書官に支えられながら日々の公務をこなす中、アメリカの大統領が来日する。 (yahoo映画より引用)。

~中井貴一さんの「腰の低いおじさん」演技~

本作は、好感度のめちゃ低い、絵にかいたような高慢な政治家が記憶を失って自分がこれまでにしてきたことを見つめなおしていくお話

記憶喪失になったことによってこれまでとは打って変わって「腰の低いおじさん」となった黒田総理 目の前で転んだ女性記者をとっさに気遣ったり、秘書官やSPなどの部下たちをねぎらったりと普通の行為をしているだけですが、周囲からは 「今さら好感度を上げようとしている」 などと言われ、黒田総理は自身のこれまでの冷徹ぶりをあらゆる場面で体感していきます。


初めは井坂秘書官(ディーン・フジオカ)の案で記憶を失った状態で総理としての仕事を続けさせらそうになるも、 「記憶を無くした自分には務まらない」 と辞任を考え始めます。

しかし、性格の変わった黒田に対して好感を持ち始めていた番場秘書官(小池栄子)は 「記憶を無くしたあなただからこそできることがある」 と彼を引き留めます。

国民からだけでなく家族からも信頼されず、自身を無くしていた黒田は番場の言葉に奮い立てられ 「しがらみを持たない自分だからこそできる政治」 を志し、ゼロからの再スタートを決意 自身の過去の過ちを謝罪し、政界腐敗の黒幕である「鶴丸官房長官(草刈正雄)」を失脚させるべく奔走します。


注目は中井貴一さんの「演技スイッチ」でしょうか 中井貴一さんと言えば「素敵な金縛り」などでは切れ者検事を演じていましたし、冷静な口調で説得力のあるセリフを言う、シャープな役柄が多いように思いますが、

本作では基本的に 「記憶を無くした頼りないおじさん」 でありながら、発起した後は 重要なところで ・意志の強さ ・正義感 を発揮して周囲を動かしていく、「急に頼りになる場面」があり、 その辺りの切り替えの巧みさに心を動かされますよね


黒田はもともと総理大臣になるほどの人間ですから、周囲を引っ張っていく素養はあるのでしょう、

記憶喪失により失われたかに見えたその能力がたま~に復活する様子にニヤリとしてしまいます 中井貴一さんの三谷作品での活躍が見たい方はこちらもご覧ください↓

~三谷幸喜監督、痛快喜劇からシフト?~

「記憶にございません!」は三谷喜劇の十八番である 「痛快な会議室バトル」も 「大仕掛けのクライマックス」 もなく、記憶を無くして清き心を取り戻した総理が ・政治家として正しいことをするため
、家族ともう一度向き合うため ひたむきに取り組んでいくお話になっています。

もちろん三谷節の不思議な笑いはふんだんに盛り込まれていて楽しくみられる映画なのですが、 通常モードの三谷喜劇を期待していた方には若干退屈に感じる時間があるかもしれません。

しかし、このスローペースな展開が新しいというか庶民的で、 「総理大臣」という一般人には想像しにくい人物像が、「痛快喜劇要素」を弱めることによって現実味を帯び親しみやすいキャラクターになっていますし、正義感をもって自分の仕事を見つめなおすこと 、愛情をもって家族と向き合うこと など、

普通の人にもトライできそうなことがテーマになっているため、多くの方が共感できるヒューマンドラマ要素の強いハートウォーミングな作品になっていると感じます。

黒田啓介は本当に記憶を無くしたのか 彼の取り組みは報われるのか ぜひ映画館でご覧ください 三谷作品はU-NEXTで視聴可能です。 今なら1か月無料で使えますよ~




今日は映画「台風家族」の紹介です
草彅剛さん主演作品
某俳優さんの騒動で公開が見送らていましたが晴れて公開です




~概要~
『箱入り息子の恋』などの市井昌秀監督が、構想に12年をかけて自身のオリジナル脚本を映画化。両親の財産分与を行うため、久しぶりにきょうだいが集まって起こる騒動を、ブラックユーモアを交えて描く。一家の長男に草なぎ剛、次男に新井浩文、長女にMEGUMI、三男に中村倫也がふんし、彼らの両親を藤竜也と榊原るみが演じるほか、尾野真千子、若葉竜也らが共演した。
yahoo映画より引用

~あらすじ~
銀行強盗事件を起こし2,000万円を奪った鈴木一鉄(藤竜也)と妻・光子(榊原るみ)が失踪する。10年後、いまだに行方知れずの両親の仮想葬儀をして財産分与を行うため、妻子を連れた長男の小鉄(草なぎ剛)、長女の麗奈(MEGUMI)、次男の京介(新井浩文)が実家に集まるが、末っ子の千尋(中村倫也)は現れない。空の棺を二つ並べた見せかけの葬儀が終わったころ、見知らぬ男がやって来る。
yahoo映画より引用



~密室サスペンス兼ヒューマンドラマ~
本作は数年ぶりに実家に集まった兄弟たちのお話。

遺産分割の話し合いから始まり、登場人物が順に登場し情報が明かされていくことで、家族がバラバラになった原因である「父親の銀行強盗事件」について、少しずつ明らかになっていく

基本的に実家の建物の中で謎解き物語のようなものが展開されていくため、カテゴリ的には
「密室サスペンス」 といってもよいかもしれません

しかしライトな雰囲気でお話しが進んでいくためシリアス系ではなく、少々の笑いと少々の感動を含む「ヒューマンドラマ」でもあります。
個人的には小栗旬さん主演の「キサラギ」に少し似ているかもしれないな と思いました。
キサラギ プレミアム・エディション(新・死ぬまでにこれは観ろ! ) [Blu-ray]


この映画の楽しみ方としては
・草彅さん演じる小鉄のゲスキャラかつヘタレっぷり
ですね

彼は金欠で金にがめつく、遺産分割も自分が多くもらえるように話を進めようとします。
しかしそんなに頭が良い方ではないのか詰めが甘く、周囲からの反対で全然思うように進みません。

終いには自分の娘にまでゲスっぷりを暴露される始末

草彅くんは私の中では「嘘の戦争」の策士っぷりが記憶に残っていたので、このダメ男っぷりが意外に新鮮かつ滑稽で笑えます

草彅さんならではの切なさ演技で演じ切れていると感じたので、
草彅剛さんが映画界に戻ってきてくれてよかったなと素直に感動です




草彅剛さんの他作品はこちら↓


嘘の戦争はTUTAYAディスカスで見られます今なら初月無料です↓




若干のネタばれ含みます核心には触れていないので読んでもOK↓
物語終盤では
・小鉄(草彅君)が金にこだわる理由
・父親が犯行に及んだ本当の理由が明かされていきます。

タイトルが「台風家族」ですので、そこに家族愛、親子愛が関わってくることはなんとなく想像できますよね
草彅君はやはりこの辺りの演技が秀逸で、見ていて切なさが伝わってきます。


中盤までは
ブラックコメディ
終盤はちょっぴりの感動

「台風家族」はそんな映画なのでした。
草彅さんの復活作をご覧になりたい方はぜひ映画館へ



あ、あとMEGUMIさんの濡れ場シーンもありましたね
そちらもご期待という事で💡
新井浩文さんはカットなしでしたね(メインキャストなので当然ですが)

続きを読む

佐藤健、宮崎あおい、濱田岳らが送る
自分の人生について前向きに見つめ直せる映画です











余命わずかであると知らされた主人公の前に自分そっくりの自称悪魔が現れる。
彼は大切なものと引き換えに一日寿命を延ばしてくれるという。
主人公は自分の死が受け入れられず取引に応じる。

大切なものが消えると同時にそれに関わる大切な人たちとの思い出が無かったことになっていく。

彼にとって猫は家族との思い出を語る上で欠かせない存在だった。猫が消えると言われ、改めて両親との思い出を振り返ることができ、自分の死を受け入れるに至ったのだった。

主人公はおそらく私と同じくらいの年齢設定だろうと思う。自分がもし死を宣告されたら果たして受け入れられるだろうか。「まだやりたいことがたくさんあるのに」と生にしがみつきたくなるのではないかと思う。

しかしこの映画を観て、
人は「思い出を分かち合える一人の女性」、「好きなものについて語り合える一人の友人」、そして「自分を育ててくれた両親」との思い出さえあればきっと穏やかに最後を迎えられるのではないかと感じた。

誰もがうらやむ楽しい人生を歩むことはとても良いことなのだろう。しかしそれを実現出来ないからといって悔やむ必要もなければ劣等感を感じる必要もないのだ。
最後に振り返ることが出来る思い出さえあればきっといい人生だったと思えるはずなのである。自分らしく自分の好きなことで思い出をつくっていけば良いと思わせてくれる、そんなお話でした。




↓primeビデオはこちら DVDはこちら↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

世界から猫が消えたなら [ 佐藤健 ]
価格:3672円(税込、送料無料) (2019/8/26時点)






amazon使ってない方は宅配レンタルサービスも



映画 ダンスウィズミー 感想 レビューです

【概要】
一流商社に勤務する鈴木静香(三吉彩花)は、曲が流れた途端に歌って踊らずにはいられなくなるという催眠を催眠術師にかけられる。翌日から静香は、テレビから流れる音、携帯電話の着信音、駅の発車メロディーなど、ちまたにあふれる音楽に体が勝手に反応してしまう。なんとか術を解いてもらおうとするが、催眠術師はどこにもいなかった。
(シネマトゥデイより引用)



人気俳優さんはほとんど起用せずに脚本、演出で勝負!という所でしょうか。
ムロツヨシさんなどは人気実力派ですが、今作ではサブキャラ的立ち位置で、もともとの「名脇役」としてのムロツヨシさんが戻ってきたようで懐かしい感じがしました。

さて、内容ですが、
一流企業でキラキラOLとして働く主人公 静香が「音楽が聞こえると勝手に歌って踊りだす」ミュージカル俳優催眠にかかってしまい災難に巻き込まれながらも成長していくお話です。

子供の頃はミュージカルが好きだったのに、学芸会での失敗のトラウマからその夢を捨ててしまった静香。
そんな過去も忘れかけていた頃に姪っ子の誘いで催眠術の館へ
意図せずして催眠術を掛けられてしまいます。
音楽が聞こえるだけで踊りだしてしまうというのは予想以上に問題なようで、職場でも踊りだす、高級レストランでも踊りだす、しまいには器物損壊→弁償で一文無し、という悲劇的?な展開になっていきます。
催眠を解いてもらおうと自分に催眠術をかけた催眠術師を探す旅を始めます。

旅のお供は
・催眠術師のサクラをしていた千絵(やしろ優)
・ストリートミュージシャン洋子(chay)

他に
・催眠術師を追う借金取り3人組
・興信所(人探し屋)の男(ムロツヨシ)
・問題の張本人、催眠術師マーチン上田(宝田明)

などの登場人物がお話を盛り上げてくれます。

静香は道中のトラブルの中で歌と踊りを使って人を楽しませることを経験していきます。
チンピラの闘争に巻き込まれ、彼らを上回るダンスで切り抜けたり
ストリートミュージシャン活動で旅費を稼いだり
と音楽一つで困難を乗り越えていくことで主人公たちが成長していく姿、矢口監督の映画はこういった「見ていてシンプルに楽しくなる」のが魅力ですね。

最後には催眠術師のマーチン上田(コーチン名古屋)を見つけ出しますが、借金取りも乱入してきてピンチに

この催眠術師もかつては凄腕だったのに現在ではサクラを使っていんちきショーばかりをやっていますが、静香たちの乱入によって自信を取り戻す、というちょっとイイ話も混ぜ込みつつ、最後はみんなで踊って彼のショーを成功させました。


「催眠というのは実際にそうなりたいと思っていなければかからないものなんです」と医者。
本当は歌と踊りが大好きだった自分に気づいた静香は東京に戻って会社からエスケープ
千絵(やしろ優)と一緒にダンススタジオを開く道を選ぶのでした。


随所で始まるミュージカルシーンは見ていて楽しくなる曲が多く、
主人公が我を忘れて踊る姿(催眠状態なので)が、私たちまではっちゃけたくなる気持ちにさせてくれます。
色々と酷評のある映画のようですが、シンプルに楽しくみられる映画でおススメです



鑑賞後、劇中歌がまた聞きたくなった方にはサウンドトラックがおすすめです。↓
ダンスウィズミー
オリジナル・サウンドトラック 音楽:Gentle Forest Jaz Band/野村卓史
ワーナーミュージック・ジャパン
2019-08-14


ダンスウィズミー [ Gentle Forest Jazz Band/野村卓史 ]
ダンスウィズミー [ Gentle Forest Jazz Band/野村卓史 ]




【概要】
原田眞人が監督と脚本を担当した1985年公開の『盗写 1/250秒 OUT OF FOCUS』を基にした福山雅治主演のドラマ。パパラッチとして生計を立てる中年カメラマンが、個性豊かな写真週刊誌の記者らと共に巨大な事件を追いかける。メガホンを取るのは『バクマン。』などの大根仁。共演として、『ヒミズ』などの二階堂ふみ、『HERO』シリーズなどの吉田羊、滝藤賢一、リリー・フランキーらが顔をそろえる。報道に情熱を注ぐ者たちの姿はもちろん、髪とひげを伸ばした福山のワイルドな風貌にも注目
(シネマトゥデイより引用)




前半は福山雅治演じる中年パパラッチの仕事ぶりを描く。相方として二階堂ふみ演じる新人記者が付いて共にスキャンダルを追いかける。彼女の目線は序盤私たち観客と同じだが、徐々に変わっていく。週刊誌の仕事に戸惑いを感じながらも小さな成功を重ねながら少しずつやりがいを見出していくというストーリー。

社会的なイメージはあまり良くない職業だが、どこかかっこよく描けてしまう、大根仁監督と福山の凄さを感じた。



単なるサクセスストーリーかと思いきや終盤で意外な展開。
一気に緊張感のある映画になる。中でもリリーフランキーの演技が圧巻だ。
主人公との友情のみを頼りに生きる人物であるが故にとても切ないキャラクターだ。彼については作中多くは語られないが、彼の過去や主人公との友情の深さはその演技、描写から滲み出るように伝わってくる。

主人公はだらしない人物として描かれているが、共に仕事をした人間からは心の底から慕われているという不思議。
彼と仕事をしていたころは楽しかった、と皆口を揃えて言う。
仕事するうえで本当に大切なのは人間味なのでは?どんなに良い仕事をしても、ビジネスライクな冷めた付き合いだけでは築けない信頼関係がそこに生まれるのではないだろうか。


SCOOP!
福山雅治
2017-03-29

【新品】【DVD】SCOOP! 福山雅治
【新品】【DVD】SCOOP! 福山雅治
(シネマトゥデイより引用)




大根仁監督の他作品はこちら

↑このページのトップヘ