ひねくれてtonight 〜ひねくれサラリーマンによる映画レビューブログ〜

今夜もサラリーマンが詭弁を垂れる、皆さんはそれを読む。It’s win-win!!

カテゴリ: サラリーマンにオススメ映画


今日は映画「クライマーズハイ」の紹介です






~概要~
1985年、群馬県御巣鷹山で起きた日航機墜落事故をめぐって翻弄(ほんろう)される地元の新聞記者たちの姿を描く社会派ドラマ。実際に記者として日航機墜落の取材をした作家・横山秀夫が自らの体験を反映した同名小説を、映画『金融腐蝕列島 [呪縛]』の原田眞人監督が映像化した。地元新聞社の熱血漢デスクを『ALWAYS 三丁目の夕日』の堤真一が演じたほか、『殯(もがり)の森』の尾野真千子ら実力派が集結。感情が激しく交わる濃密な1週間の人間ドラマに圧倒される。 (yahoo映画より引用)

~あらすじ~
1985年8月12日、乗員乗客524名を乗せた日航機123便が、群馬と長野の県境に墜落、その一報が北関東新聞社に入る。編集部で全権デスクに任命された悠木和雅(堤真一)は記者として扱う一大ニュースに対する興奮を禁じえないが、中央紙とのスクープ合戦や組織や家族との衝突を経て、命の重さに対しわき上がる使命感を覚える。(yahoo映画より引用)


~命を追った、あの夏~これぞ本当のシリアス映画!
舞台は群馬のローカル新聞社編集部
本作は飛行機墜落事故の現場となった群馬県で地元新聞記者達の取材、報道をめぐる人間ドラマである

悠木はベテラン記者でありながら無役職、しかし周囲からは認められていた実力派の記者であった。
今回飛行機墜落事故に関する報道の一切を一任される「日航機全権デスク」に任じられる。

ローカル新聞社にとって地元でこれほどの事故が起きることはまたとない出来事であり、悠木らは地元記者としてのプライドをかけてこの事故の報道に取り組む

舞台である関東新聞社の登場人物たち↓
・不遇の世代である悠木らベテラン世代の意地
・功績にはやる若手世代の佐山(堺雅人)、玉置(尾野真千子)神沢(滝藤賢一)
・過去の栄光に驕り若い世代の足を引っ張ろうとする管理職世代の
等々力(遠藤憲一)、迫村(蛍雪次郎)、粕谷(中村育二)ら
・そして関東新聞社社長(山崎努)。悠木を「飼い犬」と言い放ち彼を冷遇しながらも手放さない、悠木にとっての呪縛のような存在

日航機墜落事故という深刻かつ大規模な、そして実際の事件が題材であるが故にその人間ドラマのシリアスさも尋常ではない

さらに悠木の中間管理職としての組織の中での苦悩が重ねて描かれることで多くの人々に共感を呼んでいることだろう
・部下の思いを汲みながらも、血気にはやる彼らを諫めなければならない上司としての責務
・過去の栄光に固執し現役世代を頭ごなしに否定する上司たちとの闘い
・「自分の仕事」として自分のこだわりを貫きたいという意地

一見どこにでもある光景で、サラリーマンならば身に覚えがある状況だと思うが、普段のなんてことない業務の中では「会社ってそういうもんだから仕方ない」と思ってなあなあで済ませているかもしれない。

クライマーズハイでは
人の生き死にがかかっているし、記者としての一生に一度の大仕事であるが故に、「仕方ない」では済ませることのできない、「プライド」や「責任感」がぶつかり合うのである。

・命懸けで届けた「現場雑観」が握りつぶされた時の佐山(堺雅人)の表情
・現場の生産さを目の当たりにし精神を病んでしまう神沢(滝藤賢一)
・自分が正しいと思うことをしようと上司とぶつかり合う悠木(堤真一)
・正論をぶつけてくる部下に対して自分のプライド、メンツを守るためにただただ叱責や大声で押し込めようとする等々力の老害っぷり

正に
組織の構図そのままである
自分たちもこれくらいの気概を持って日々の仕事に取り組まなければならないと考えさせられる描写である。
DVDはこちら↓

堤真一さんの他作品はこちら↓






~物語終盤、功績にはやる関東新聞社の面々がとった行動とは?~

以下、ネタバレを含みます

事故当日から「大手の新聞社に負けない記事を書く」ことにこだわりがむしゃらに取材を続けていた悠木達。

しかし、
・事故の被害者には遺族がいること
・現場の凄惨さに精神を病んだ神沢の死

等を経て悠木は「何のために報道があるのか」について考えを改め始める。
自分たちは功を急ぐあまり一種の「クライマーズハイ」(登山家が興奮状態で恐怖感がマヒしてしまうこと)に落ちいっていることに気づいたのである。

佐山と玉置は事故原因についての裏取りに成功し悠木に報告をする。
しかし悠木は情報元の「100%と断言はできない」という言葉を受けて記事にするのを取りやめるのだった。
この時の悠木の心情はどんなものだったのでしょう?

・誤報を飛ばした時のリスクを恐れたのか
・ハイになってしまっていた自分たちが怖くなってしまったのか

一度の鑑賞ではうまく読み解けませんでしたが、それくらい複雑な感情だったということでしょうか。
演じ切った堤真一、さすがです

本作は登場人物たちの「マジな会話劇」が飛び交います。

そのシリアスさに目が離せず入り込んでしまう、映画を見ている私たちもハイになってしまう。
そんな映画です。



組織の中での男たちのぶつかり合いの真骨頂

サラリーマンの皆さん、この映画を見て
「自分は日々どれだけ自分を押し殺しているか」
見つめなおす良い機会として頂ければと思います。




Blu-rayはこちら↓
by カエレバ
レンタル御希望の方はTUTAYA宅配レンタルがおすすめです、今なら初月無料!↓


今日は映画「フライ、ダディ、フライ」の紹介です




~概要~

岡田准一と堤真一主演の青春映画。監督は『油断大敵』の成島出。原作は「GO」で直木賞に輝いた金城一紀。今回は脚本も担当している。本作のためにMr.Childrenが主題歌「ランニングハイ」を書き下ろしているのも話題のひとつ。堤真一ふんする“おっちゃん”がけんかに強くなろうと、岡田准一演じるけんかが強い高校生・スンシンに弟子入りするというコミカルな設定ながら、ラストはホロリとする感動作。yahoo映画より引用

 

~あらすじ~
自分の娘を傷つけた石原という高校生に復讐(ふくしゅう)するため、包丁を持って学校に乗り込んだおっさん(堤真一)がいた。しかし高校を間違え、そこで出会ったスンシン(岡田准一)に一発でのされて気絶してしまうが……。yahoo映画より引用


~お父さんは無力なんかじゃない~
主人公は「おっさん」(鈴木一)
娘が須藤元気からボコボコにされるも権力の力でもみ消されそうになる。
病院のベッドでうなだれる娘に助けを求められるも、権力や暴力を前に自分の無力を思い知らされる。

現代の父親というのは、家族を養うために毎日会社に出勤して、上司に頭を下げたり、客先に怒られたり、接待で飲み会があったりと様々な苦労をしているわけですが、いざ、大切な人が「暴力」という被害にあったときに、何が出来るでしょうか?
「警察に届け出ればよい」
それだけかもしれませんが、例えば

警察が動いてくれないような事件だったら?
権力者にもみ消されたら?
心の傷を負ってしまったら?


平和な時代で生きているが故に、どうしたら良いか分からず、自分がイヤになるかも、そして家族からは「いざという時頼りにならない父親」として失望されるかもしれません。


そんな時どうすれば良いのか、答えはスンシンが教えてくれます。
そう、「相手をボコボコにしてやればいい」

ではなく「必要なのは勇気、自分を信じて大切な物を守る勇気」であるとスンシンはおっさんに伝えてくれています。(だいぶかみ砕きましたが)

おっさんは

初めは相手の権力と腕力に気圧され引き下がってしまいました。

次は自分を信じずに凶器に頼り自棄になってしまいました。

最後はスンシンとの鍛錬の日々を糧に自分に自信を持つことができ、須藤元気に立ち向かうことが出来ました。

本作は実にシンプルなお話ですが、そこには直球で、かつ重要なメッセージがあります。

スンシンの言葉は名言ばかりですが、決戦の前におっさんにかける言葉にすべてが詰まっていると思います。


~もし今この瞬間に 本物の勇気を感じていたら 別に闘わなくっていいんだぞ 

自分を信じられなくなった時 ここに恐怖が入り込んでくる 

おっさんは一歩だって動けなくなる 

おっさんは背中に中身のいっぱい詰まった リュックを背負ってる 

石原の背中には何もない 

どんなことがあっても自分を信じるんだ~



何か守るもの、背負うものがあれば、そのために人は努力できるし、それは自分を信じるに値する努力であるはず
そんな父親になって、一皮むけた大人になりたいもんですな~



DVDはこちら↓
by カエレバ

amazon使ってない方は宅配レンタルサービスも


堤真一さんの他作品はこちら↓




色々グサッと来る言葉があったのでまた改めて記事にしたいと思います。




今日は映画
「ジョニーイングリッシュ アナログの逆襲」の感想 レビューです

〜概要〜

ローワン・アトキンソンがドジなスパイのジョニー・イングリッシュを演じるコメディーシリーズの第3弾。世界の命運を握るミッションを任された彼が、行く先々で騒動を起こす。メガホンを取るのは、ドラマ「セレブになりたくて2 ~サイモンの青春日記~」などのデヴィッド・カー。『007/慰めの報酬』などのオルガ・キュリレンコ、『キャロル』などのジェイク・レイシー、『ハワーズ・エンド』などのエマ・トンプソンらが共演する。



〜あらすじ〜
イギリスの秘密情報部MI7の現役スパイ情報が、サイバー攻撃によって漏えいする。スパイたちの顔が知られたため、事態の収拾は、すでに隠居したジョニー・イングリッシュ(ローワン・アトキンソン)の手に委ねられた。早速任務に当たるが、最先端のデジタル技術が次々と彼に襲い掛かる。
(Yahoo映画より引用)




〜細かい笑いも根こそぎ回収していくローワンアトキンソン〜
彼を超えるコメディ役者はそうそう現れまい
本作はスパイ映画ですが、
「スマートに」
「シリアスに」
ミッションをこなしていく普通のスパイ映画とは対照的に
「ドタバタと」
「フワっとした雰囲気で」
任務をクリアしていきます

「スパイアイテムをドジな使い方をして結果上手く行ってしまう」
というパロディに良くありそうな笑いもしっかり入っているのですが、


・スマートフォンを取り落としそうになるシーン
・辛いものを食べたシーン

など、「別にスパイ映画じゃなくても…」
という普通のリアクションシーンでも根こそぎ笑いにしています
確かにMrビーンといえばリアクション芸、という印象はあり、ローワンアトキンソンの伝統芸能ですね


彼が今でも現役でこんな映画を作ってくれているとは
ありがたや、ありがたや




〜ローワンアトキンソンの表情がなんか面白い〜
IMG_0362
ジョニーイングリッシュ  はベテランスパイ
ドジだけど何故か任務がクリア出来てしまうので終始ドヤ顔です
このドヤ顔と現実のギャップが生む独特の雰囲気が、ジワジワと笑いをもたらして来ます
「あれ?俺何で今笑ってるの?」
ってなるシーンが作中何度もあります

顔だけで笑いを取れる、生粋のコメディ俳優ですね
IMG_0364



ここまで終始笑い続けられる映画はそうは無いでしょう
イヤな事があった日には、ぜひジョニーイングリッシュを!







Prime ビデオはこちら↓

Blu-rayはこちら↓
by カエレバ



amazon使ってない方は宅配レンタルサービスも





「アルキメデスの大戦」を見てきました
IMG_0334







注目の俳優
・菅田将暉(ファン)
・柄本 祐(顔が好き)
・國村 隼(シンゴジラ以来のファン)
・田中 泯(最強の世界観製造機)


太平洋戦争前の帝国海軍を舞台に
「戦艦大和を製造したい勢力」 vs「戦艦反対派(空母推進派)」の論戦を描いている
櫂直(菅田くん)達は反対派で、戦艦大和建造にかかる見積もりが虚偽である事を立証するために奔走します。
「数学者」という設定ですが作中では造船設計学について一晩で理解したり、見よう見まねで戦艦の図面を描いてしまったりと明らかに「エンジニア」としても天才的素質を持っています。

櫂直は序盤は数学にしか興味がありませんでしたが初めて戦艦を間近で見てその「美しさ」に魅了されます。戦艦の図面を再現する時の真剣な表情、時折浮かべる笑み、これに共感出来るエンジニアは多いですよね

終盤は得意の数学を駆使して論劇を展開、理論で相手をねじ伏せる様がスカッとします。
それにしても菅田くんの演技もさることながら田中泯の世界観は相変わらず素晴らしい
「龍馬伝」の吉田東洋役の時も圧倒されましたが、彼は会議室内で戦ったら地球人最強なんじゃないか?

櫂直は彼に勝つことが出来たのか、映画を見てのお楽しみということで
予告編です↓






以下、雑談(ネタバレ含む
あまりミリタリーは詳しくないんですが、歴史は好きなので少し触れておくと、
当時の日本は空母の重要性に気付きつつも古い概念である「大艦巨砲主義」に固執する人達も多く、巨費を投じて時代遅れとも言える「戦艦大和」を建造。帝国海軍のシンボルとして軍や国民の心の支えとなるも、巨大戦艦であるが故に出撃にも莫大なコストが掛かることなどから、結局活躍する機会もないまま沈められてしまった哀しき戦艦、それが大和。
物語終盤で田中泯がそんな戦艦達の哀しい運命を予期しながらも、彼らに役割を与えようとしていたことが明らかになり、この展開が映画に深みを与えてくれています。

偶然にも先日長崎に旅行に行き三菱重工の造船ドッグなどを見る機会がありました。
私は本業は建築設計士で、船舶にもおそらく建物と通じる物があると思っています。
巨大な建造物ならではの迫力、達成感などは他のものづくりでは体験出来ない物だと思っていますし、自分の計算を元に図面を構築していく楽しさには鑑賞中もとても共感しました。
櫂直のように設計を楽しみ、平山中将(田中泯)のように自分の作る物に愛情を持つことが出来たら僕らの仕事も楽しくなるのになあ

菅田将暉さんの他作品はこちら↓




公式HP↓

↑このページのトップヘ