ひねくれてtonight 〜ひねくれサラリーマンによる映画レビューブログ〜

今夜もサラリーマンが詭弁を垂れる、皆さんはそれを読む。It’s win-win!!

カテゴリ: 公開中作品

今日は 三谷幸喜 監督の最新作 「記憶にございません!」 の紹介です

 

~概要~

『ザ・マジックアワー』などの三谷幸喜がメガホンを取った政界コメディー。国民から全く支持されていない総理大臣が記憶喪失になったことから起こる騒動を描く。主人公の総理大臣を、三谷監督作『ステキな金縛り』などに出演してきた中井貴一。『海を駆ける』などのディーン・フジオカ、『マチネの終わりに』などの石田ゆり子、『体操しようよ』などの草刈正雄、『64-ロクヨン-』シリーズなどの佐藤浩市らが出演する。(yahoo映画より引用)

~あらすじ~

病院のベッドで目覚めた男(中井貴一)は一切の記憶がなく、病院を抜け出して見たテレビで、自分が国民から石を投げられるほど嫌われている総理大臣の黒田啓介だと知る。国政の混乱を避けるため、記憶喪失になったことを国民や家族には知らせず、真実を知る3人の秘書官に支えられながら日々の公務をこなす中、アメリカの大統領が来日する。 (yahoo映画より引用)。

~中井貴一さんの「腰の低いおじさん」演技~

本作は、好感度のめちゃ低い、絵にかいたような高慢な政治家が記憶を失って自分がこれまでにしてきたことを見つめなおしていくお話

記憶喪失になったことによってこれまでとは打って変わって「腰の低いおじさん」となった黒田総理 目の前で転んだ女性記者をとっさに気遣ったり、秘書官やSPなどの部下たちをねぎらったりと普通の行為をしているだけですが、周囲からは 「今さら好感度を上げようとしている」 などと言われ、黒田総理は自身のこれまでの冷徹ぶりをあらゆる場面で体感していきます。


初めは井坂秘書官(ディーン・フジオカ)の案で記憶を失った状態で総理としての仕事を続けさせらそうになるも、 「記憶を無くした自分には務まらない」 と辞任を考え始めます。

しかし、性格の変わった黒田に対して好感を持ち始めていた番場秘書官(小池栄子)は 「記憶を無くしたあなただからこそできることがある」 と彼を引き留めます。

国民からだけでなく家族からも信頼されず、自身を無くしていた黒田は番場の言葉に奮い立てられ 「しがらみを持たない自分だからこそできる政治」 を志し、ゼロからの再スタートを決意 自身の過去の過ちを謝罪し、政界腐敗の黒幕である「鶴丸官房長官(草刈正雄)」を失脚させるべく奔走します。


注目は中井貴一さんの「演技スイッチ」でしょうか 中井貴一さんと言えば「素敵な金縛り」などでは切れ者検事を演じていましたし、冷静な口調で説得力のあるセリフを言う、シャープな役柄が多いように思いますが、

本作では基本的に 「記憶を無くした頼りないおじさん」 でありながら、発起した後は 重要なところで ・意志の強さ ・正義感 を発揮して周囲を動かしていく、「急に頼りになる場面」があり、 その辺りの切り替えの巧みさに心を動かされますよね


黒田はもともと総理大臣になるほどの人間ですから、周囲を引っ張っていく素養はあるのでしょう、

記憶喪失により失われたかに見えたその能力がたま~に復活する様子にニヤリとしてしまいます 中井貴一さんの三谷作品での活躍が見たい方はこちらもご覧ください↓

~三谷幸喜監督、痛快喜劇からシフト?~

「記憶にございません!」は三谷喜劇の十八番である 「痛快な会議室バトル」も 「大仕掛けのクライマックス」 もなく、記憶を無くして清き心を取り戻した総理が ・政治家として正しいことをするため
、家族ともう一度向き合うため ひたむきに取り組んでいくお話になっています。

もちろん三谷節の不思議な笑いはふんだんに盛り込まれていて楽しくみられる映画なのですが、 通常モードの三谷喜劇を期待していた方には若干退屈に感じる時間があるかもしれません。

しかし、このスローペースな展開が新しいというか庶民的で、 「総理大臣」という一般人には想像しにくい人物像が、「痛快喜劇要素」を弱めることによって現実味を帯び親しみやすいキャラクターになっていますし、正義感をもって自分の仕事を見つめなおすこと 、愛情をもって家族と向き合うこと など、

普通の人にもトライできそうなことがテーマになっているため、多くの方が共感できるヒューマンドラマ要素の強いハートウォーミングな作品になっていると感じます。

黒田啓介は本当に記憶を無くしたのか 彼の取り組みは報われるのか ぜひ映画館でご覧ください 三谷作品はU-NEXTで視聴可能です。 今なら1か月無料で使えますよ~




今日は映画「JOKER」の紹介です。






概要

『ザ・マスター』『ビューティフル・デイ』などのホアキン・フェニックスが、DCコミックスの悪役ジョーカーを演じたドラマ。大道芸人だった男が、さまざまな要因から巨悪に変貌する。『ハングオーバー』シリーズなどのトッド・フィリップスがメガホンを取り、オスカー俳優ロバート・デ・ニーロらが共演。『ザ・ファイター』などのスコット・シルヴァーがフィリップス監督と共に脚本を担当した。
(yahoo映画より引用)

あらすじ

孤独で心の優しいアーサー(ホアキン・フェニックス)は、母の「どんなときも笑顔で人々を楽しませなさい」という言葉を心に刻みコメディアンを目指す。ピエロのメイクをして大道芸を披露しながら母を助ける彼は、同じアパートの住人ソフィーにひそかに思いを寄せていた。そして、笑いのある人生は素晴らしいと信じ、底辺からの脱出を試みる。
(yahoo映画より引用)

悪のカリスマ JOKERの誕生エピソード

JOKERと言えばアメコミ史上最も人気のある悪役とも言われバットマンシリーズ「ダークナイト」ではヒースレジャーがサイコパスなJOKERを完璧に演じ話題となりました。 そんなJOKERを主役に描く時点でハードルは爆上げ状態なわけですが、この映画、公開前から絶賛の嵐、公開後もtwitter上では高評価がとめどなく流れている、JOKERのハードルに負けない作品となっているのは既に間違いないでしょう 主人公アーサーは母親の介護をしながらコメディアンを目指して雇われピエロとしてまじめに働く心優しき人間でした。 そんな彼が悪のカリスマになるまでの過程を描いているこの映画、今までにないジャンルで表現しきれるかわかりませんが、レビューを書いていきます。

社会の貧困、迫害、心の貧しさから狂気は生まれる

アーサーは面白いことが無くても「突然笑いだしてしまう」障害を持っており、これが原因で人から気味悪がられながら生活をしています。それゆえか良い仕事にも就くことができず、イベントピエロとして働きながら母親の介護をする、貧困生活を送っていました。

そんな不遇な環境でありながらも、自身の夢であるコメディアンになるためにジョークのネタを書き溜めながら母親と仲良く慎ましく暮らしていたアーサーでしたが、ちょっとした歪みから少しずつ彼の生活が崩れていきます。

ゴッサムの街は治安の悪化に喘いでおりアーサーのような弱者は虐げられ、貧しい人同士でもいざこざが絶えない状態

アーサーもピエロの仕事中に不良に絡まれたり、理不尽な理由でバイトを解雇されたりと少しずつ悪いことが重なっていきます。

さらに母親がいつも送っている手紙の内容が気になりつい盗み見てしまったとき、自身の生い立ちについて知ったことで彼のアイデンティティに亀裂が入り、人格崩壊のきっかけとなってしまいます。

アーサーは社会に虐げられ、JOKERにさせられてしまったのか、
それとも、もともと内に秘めていたJOKERが目覚めたのか


ぜひ映画を見て、その真相に触れてください

ヒースレジャー演じるJOKERの登場作品「ダークナイト」はU-NEXTでご視聴ください↓



アーサーは善人なのか、内に闇を秘めていたのか

アーサーは地下鉄で酔っ払いに絡まれた時、いつもならば殴られても泣き寝入りするだけでしたが、その日は持っていた銃を思わず使ってしまいました。

勢いで打ってしまった、というにはあまりに狂気的で、逃げる相手を追いかけてまで3人とも撃ち殺しています。(しかも電車を降りる降りないの駆け引きまでしています)

当初は不遇なアーサーをJOKERに変えてしまったのは「社会」であるというように受け取っていましたが、こう考えるとアーサーは元々狂気殺人鬼の要素を内に秘めており

銃を手にしたことにより遂にそれが目覚めてしまった

と受け取る方が自然なようにも思えてきます。


これまで社会から虐げられ誰からもまともに認識されていなかったアーサーでしたが、
人を殺したことによって自身の行いが社会から注目され、
承認欲求が満たされたことで日々の生活を前向きに送れるようになっていきます。


気になっていた隣人とも仲良くなることが出来、コメディアンとしてステージにも立つことが出来ました。
また、母親の手紙を盗み見た際に自信の父親がウェイン氏(ゴッサムシティの有力者でバットマンの父親)であることを知り、自身の生い立ちへの希望も抱くことが出来ました。

殺人を機に生活が充実していくという展開に不気味さを感じながら鑑賞していると、
それらが彼の妄想によるものであることが後に明らかになります。


ガールフレンドと打ち解けていたのはアーサーの妄想であり、
ステージで笑いを取っていたのもかれの勘違い、あこがれのマレーの番組で自身の芸の「ウケなさ」を弄られ、アーサーは傷つきます。

さらにウェイン氏が父親だというのは母親の妄想で、
実際には自身が棄児である上に、幼少期に義父の虐待により精神を病んでしまったことが明らかになります。



充実したかに見えていたことが全て勘違いであることを認識した時、アーサーに残されたのは
人を殺した」という事実と
上流階級を殺したことで社会から認められた
ということだけでした。


遂に彼は自身を虐げた人たちを(母親も含め)順に殺害し、マレーの番組でカメラの前で人殺しをすることでゴッサムの街の悪のヒーローとなるのでした。

彼が本当は善人か、元から狂人なのか、どちらなのか分からない様子がとても不気味で、(映画の中の人々もそう感じているでしょう)

ホアキン・フェニックスの演技とドットフィリップス監督の演出にただただ恐ろしい気持ちにさせられました。

これほど鳥肌の立った映画は今までなかったですね

バットマンシリーズの「JOKER」というよりは
一人の人間の映画として描かれた感じで、これまでのJOKERをある意味では完全に超えており、
「新たなJOKER像」
を作り上げたといってよいでしょうね















images

「人間失格 太宰治と3人の女たち 」のレビューです









~概要~
「走れメロス」「斜陽」などで知られる作家・太宰治の「人間失格」誕生に迫るドラマ。写真家で『ヘルタースケルター』などの監督を務めた蜷川実花がメガホンを取り、酒と女に溺れながらも圧倒的な魅力を持つ男の生涯と、太宰をめぐる正妻と2人の愛人との恋模様を描く。太宰には小栗旬がふんし、役作りのため大幅な減量を行った。太宰の正妻を宮沢りえ、愛人を沢尻エリカと二階堂ふみが演じる。
(yahoo映画より引用)

~あらすじ~
ベストセラーを連発する人気作家の太宰治(小栗旬)は、妻子がいながら作家志望の弟子・太田静子(沢尻エリカ)、夫を亡くした山崎富栄(二階堂ふみ)とも関係を持ち、さらに自殺未遂を繰り返すという型破りな生活を送っていた。そして太宰は、二人の愛人から子供がほしいと迫られる中、夫の才能を信じる妻・美知子(宮沢りえ)に支えられ、「人間に失格した男」をめぐる新作の執筆に取り掛かる。
(yahoo映画より引用)




堕落の作家 太宰治の迷い、葛藤、不甲斐なさ~
本作は太宰治の小説「人間失格」が生まれるまでの半生を描いたお話。
そこには太宰治という個人の「才能」ではなく「誰もが持つ人間の弱さと強さ」がありました。

 

太宰治を取り巻く「3人の女たち」です↓

 

・正妻 津島美知子(宮沢りえ)

主人の女性関係や夜遊びにも嫌な顔をせずに家庭を守る。

 

3人の子供を育てながら深夜に帰宅した太宰の世話までする献身的な妻。

 

太宰はそんな美知子を「献身的な作家の妻」として自身の作品「ヴィヨンの妻」のモデルにしたが、美知子はヴィヨンの妻だけでなく太宰の作品を一度も褒めてくれないという。

彼女はどんな心境で家庭を守り続けるのか、太宰の妻で居続けるのか、太宰との絆が描かれます。

 

 

・作家志望の弟子 太田静子(沢尻エリカ)

太宰の一人目の愛人

結婚や愛よりも「恋」がしたいと言い放つ。

彼女の日記にインスピレーションを感じた太宰は作品の執筆のために彼女に近づきます。

やがて関係を持ってしまい、「子供が欲しい」という彼女の要求に答えるかのように関係におぼれてしまいます。

 

 

 

・未亡人 山崎冨栄(二階堂ふみ)

太宰の二人目の愛人

夜の酒場で太宰と出会います。

兵役で夫を亡くしているためか、自殺願望を内に秘めています。

堕落した生活を送る太宰に自分と同じ匂いを感じ、関係を持ちます

やがて太宰が堕落していく一因となっていきます


3人の女性たちとの関係を通して堕落していく太宰

彼のカッコ悪さとカッコ良さ

女性たちの強さと美しさ

蜷川実花監督の「華麗表現」で良い具合に後味の悪くない形で描かれています。
蜷川実花監督の過去作、「ヘルタースケルター」はU-nextで見られます↓





 

~女性たちの強さとは?~


若干の
ネタバレも含みますが観賞に影響ない程度なので読んで頂いても大丈夫です。フラットな気持ちで見たい方は注意↓


サブタイトルに「3人の女たち」とあるのは観賞後はおおいに納得で、本作は女性たちの「強さ」がテーマになっていると感じます。

 

・静子の強さ、恋さえあればそれでいい

作家志望の静子は比類のない太宰の作品に魅せられており、太宰本人にも恋心を抱いていました。

「恋」というものを何よりも大事にして生きることを芯にしており、

「本当の恋をして生まれる子供が欲しい」

「どうして恋はダメで愛は肯定されるのか、自分は恋に生きる」

と語ります。そんな彼女に対して太宰はその強さに魅せられており、彼女の言葉に対して「君には敵わない」というような笑みを浮かべます。弱い人間である自分自身とは対照的な存在だと感じていたのでしょう。

太宰の子供を身ごもった後は彼に固執するでもなく、また出産後は明るい面持ちで子供を育てていく様子からも、静子の強さが描かれています。

 

 

・生への執着を捨てた富栄の強さ

冨栄(二階堂ふみ)は太宰と付き合い始めた当初から「一緒に死のう」と語り合っており、生きることに執着がありません。

それゆえなのか、太宰に家庭があることも理解した上で、「一緒にいてくれなければ死ぬ」と繰り返し彼に訴えることで太宰を自分につなぎとめています。


「目を離すと命を絶ってしまう」という危機感から太宰は彼女との関係をダラダラと続けてしまいますが、冨栄は深心ではそんなことは分かったうえで太宰を操っていたのでしょう。

一見弱い女性の典型のように見えて実はしたたかで、自分との関係で太宰が堕落していく様子にどこか喜んでいる節すらあります。

 

 

 

・妻・美知子の献身 彼女が黙して太宰を支える心境とは?


妻・美知子の献身ぶりは作中何度も繰り返し語られています。


太宰が女性と関係を持っていることを知っていながらもそれについては触れることなく彼を支え続けます。


いっぽう太宰もそんな妻を本当は大切に思っており、「ヴィヨンの妻」の読者に「そんな奥さんいるわけない、そんなの奥さんじゃない」とけなされた際にも相手に食って掛かっていますし、彼女が自分の作品を褒めてくれないことも繰り返しぼやいています。


物語の終盤に彼女がどんな思いで主人を支え続けるのか、その心情が語られます。

結核を患い,療養し家庭に戻るべきか、と弱気になる太宰に対して


「私たち(家庭)を壊しなさい、そうすれば書きたいものが書けるんでしょう?あなたはまだ凄いものが書ける」


そう語る彼女の言葉に太宰は駆り立てられ、人間失格を執筆する決意をするのでした。

誰よりも太宰の才能を理解し、作家としての太宰がどうあるべきか、そのために何を犠牲にしなければならないのか、太宰本人よりも分かっていたのですね

その後太宰が本当に家庭を壊した時、彼女は一度は涙を流すも自分を制し、子供を守り続けます。
3人の中で最も不幸な結末を迎える人物ですが、悲しみに耐える強さを持つ女性です。

 

 

~太宰の堕落は人間の弱さそのもの~

太宰は作品の執筆の苦悩と、3人の女性たちとの関係を通して堕落していきます。

では彼は異常者なのか、人間失格なのか

 

彼が堕落していくのは実は「人間として誰もが持っている弱さ」が繰り返されていくことが原因となっています。

・仕事がうまくいかないとき酒に溺れてしまう

・女性からの誘いに乗ってしまう

・相手がそれでいいと言っているのならいいか、という自己判断の放棄


太宰はこれらの繰り返しで堕落してくのです。


さらに言えば、これらは太宰の弱さ→女性たちの強さ→太宰の弱さの無限ループによって助長されていきます。


・恋が出来ればそれ以上の関係は求めないという静子

・いずれは死ぬのだから不道徳な関係でも構わないという冨栄

・放蕩な太宰に対していつまでも献身的な美知子

 

太宰は女性たちの強さに甘え、流されるままに自制心を無くしていくのです。

普通の人ならばどこかで「自我」や「堕ちていく恐怖」を感じて踏みとどまるのでしょう。


しかし太宰は堕落しました。


一人の女性ではなく3人もの女性と関係を持ったことで、その強さを前に踏みとどまる間もなかったのかもしれませんね。

 

 

 

~本当は弱くなかった太宰 人間失格を書き上げる決意~


美知子の言葉で自分が作品を書き進められなかった本当の理由を悟った太宰は

「全部ぶっこわして書く!」ことを決意

人間失格」である自分について小説にするためには

・家族や家庭

・社会的な評価

・健康的な体

・そして自分の命

全て壊したいように壊すことが必要だったのです

 

女性たちの強さに引っ張られそれらを壊すことで人間失格を書き上げた太宰、最後の最後で自身の「強さ」を取り戻すことが出来たと言えますね

 

~エンディングのスカパラ&チバユウスケ~

ポップな音楽でエンディングロールとすることでモヤモヤするはずのお話がなぜかハッピーエンドのように思えてきます

 

堕落の太宰も、3人の女性たちも、その魅力をしっかりと描いてくれた映画でした。




蜷川実花監督の他作品はこちら↓








今日は映画「台風家族」の紹介です
草彅剛さん主演作品
某俳優さんの騒動で公開が見送らていましたが晴れて公開です




~概要~
『箱入り息子の恋』などの市井昌秀監督が、構想に12年をかけて自身のオリジナル脚本を映画化。両親の財産分与を行うため、久しぶりにきょうだいが集まって起こる騒動を、ブラックユーモアを交えて描く。一家の長男に草なぎ剛、次男に新井浩文、長女にMEGUMI、三男に中村倫也がふんし、彼らの両親を藤竜也と榊原るみが演じるほか、尾野真千子、若葉竜也らが共演した。
yahoo映画より引用

~あらすじ~
銀行強盗事件を起こし2,000万円を奪った鈴木一鉄(藤竜也)と妻・光子(榊原るみ)が失踪する。10年後、いまだに行方知れずの両親の仮想葬儀をして財産分与を行うため、妻子を連れた長男の小鉄(草なぎ剛)、長女の麗奈(MEGUMI)、次男の京介(新井浩文)が実家に集まるが、末っ子の千尋(中村倫也)は現れない。空の棺を二つ並べた見せかけの葬儀が終わったころ、見知らぬ男がやって来る。
yahoo映画より引用



~密室サスペンス兼ヒューマンドラマ~
本作は数年ぶりに実家に集まった兄弟たちのお話。

遺産分割の話し合いから始まり、登場人物が順に登場し情報が明かされていくことで、家族がバラバラになった原因である「父親の銀行強盗事件」について、少しずつ明らかになっていく

基本的に実家の建物の中で謎解き物語のようなものが展開されていくため、カテゴリ的には
「密室サスペンス」 といってもよいかもしれません

しかしライトな雰囲気でお話しが進んでいくためシリアス系ではなく、少々の笑いと少々の感動を含む「ヒューマンドラマ」でもあります。
個人的には小栗旬さん主演の「キサラギ」に少し似ているかもしれないな と思いました。
キサラギ プレミアム・エディション(新・死ぬまでにこれは観ろ! ) [Blu-ray]


この映画の楽しみ方としては
・草彅さん演じる小鉄のゲスキャラかつヘタレっぷり
ですね

彼は金欠で金にがめつく、遺産分割も自分が多くもらえるように話を進めようとします。
しかしそんなに頭が良い方ではないのか詰めが甘く、周囲からの反対で全然思うように進みません。

終いには自分の娘にまでゲスっぷりを暴露される始末

草彅くんは私の中では「嘘の戦争」の策士っぷりが記憶に残っていたので、このダメ男っぷりが意外に新鮮かつ滑稽で笑えます

草彅さんならではの切なさ演技で演じ切れていると感じたので、
草彅剛さんが映画界に戻ってきてくれてよかったなと素直に感動です




草彅剛さんの他作品はこちら↓


嘘の戦争はTUTAYAディスカスで見られます今なら初月無料です↓




若干のネタばれ含みます核心には触れていないので読んでもOK↓
物語終盤では
・小鉄(草彅君)が金にこだわる理由
・父親が犯行に及んだ本当の理由が明かされていきます。

タイトルが「台風家族」ですので、そこに家族愛、親子愛が関わってくることはなんとなく想像できますよね
草彅君はやはりこの辺りの演技が秀逸で、見ていて切なさが伝わってきます。


中盤までは
ブラックコメディ
終盤はちょっぴりの感動

「台風家族」はそんな映画なのでした。
草彅さんの復活作をご覧になりたい方はぜひ映画館へ



あ、あとMEGUMIさんの濡れ場シーンもありましたね
そちらもご期待という事で💡
新井浩文さんはカットなしでしたね(メインキャストなので当然ですが)

続きを読む

今日は映画「引越し大名」 の感想 レビューです



〜概要〜
『超高速!参勤交代』シリーズの原作、脚本を手掛けた土橋章宏の「引っ越し大名三千里」を映画化。何度も国替え(引っ越し)をさせられた実在の大名・松平直矩のエピソードを基に、高額な費用のかかる遠方への引っ越しを、知恵と工夫で乗り切ろうとする姫路藩士たちの奮闘を描く。国替えを担当する奉行をドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」などの星野源が演じるほか、『blank13』などの高橋一生、ドラマ「過保護のカホコ」などの高畑充希らが共演。『のぼうの城』などの犬童一心が監督を務めた。


〜あらすじ〜
姫路藩主の松平直矩は、幕府から豊後・日田への国替えを命じられ、度重なる国替えで財政が困窮している上に減封と、藩最大のピンチに頭を抱えていた。ある日、人と交わらずにいつも本を読んでいて「かたつむり」と呼ばれている書庫番の片桐春之介(星野源)は、書物好きなら博識だろうと、国替えを仕切る引っ越し奉行に任命される。

(yahoo映画より引用)


〜ほのぼのサクセスストーリー〜
​片桐春之介は今で言うダメ社員みたいなもので、人ともまともに会話する事も出来ない引きこもり君ですが、半ば強制的に命じられた「引越し奉行」の仕事を通して様々な人々と関わり、少しずつ成長していくというお話

星野源の「マイペースキャラ感」
高橋一生の「陽キャ」も出来るんだという発見
安定の濱田岳
高畑充希の「文句なしのヒロイン」っぷり

ほのぼのとしたストーリーの映画ですが、キャストがハマっていて安心して見ていられます

なんかのんびりした映画見たいなあ
と思ったら、この映画オススメです


そういえば作中歌の「引越し唄」は野村萬斎さん作曲だとか
のぼうの城の「田楽踊り」も萬斎さんでしたね

時代の庶民感みたいなものがしっかりと表現されていて上手いなあと感じます
一緒に唄ったら楽しそうだよなあ








引越し唄が気に入ったらサウンドトラックもどうぞ↓





↑このページのトップヘ