「人間失格 太宰治と3人の女たち 」のレビューです









~概要~
「走れメロス」「斜陽」などで知られる作家・太宰治の「人間失格」誕生に迫るドラマ。写真家で『ヘルタースケルター』などの監督を務めた蜷川実花がメガホンを取り、酒と女に溺れながらも圧倒的な魅力を持つ男の生涯と、太宰をめぐる正妻と2人の愛人との恋模様を描く。太宰には小栗旬がふんし、役作りのため大幅な減量を行った。太宰の正妻を宮沢りえ、愛人を沢尻エリカと二階堂ふみが演じる。
(yahoo映画より引用)

~あらすじ~
ベストセラーを連発する人気作家の太宰治(小栗旬)は、妻子がいながら作家志望の弟子・太田静子(沢尻エリカ)、夫を亡くした山崎富栄(二階堂ふみ)とも関係を持ち、さらに自殺未遂を繰り返すという型破りな生活を送っていた。そして太宰は、二人の愛人から子供がほしいと迫られる中、夫の才能を信じる妻・美知子(宮沢りえ)に支えられ、「人間に失格した男」をめぐる新作の執筆に取り掛かる。
(yahoo映画より引用)




堕落の作家 太宰治の迷い、葛藤、不甲斐なさ~
本作は太宰治の小説「人間失格」が生まれるまでの半生を描いたお話。
そこには太宰治という個人の「才能」ではなく「誰もが持つ人間の弱さと強さ」がありました。

 

太宰治を取り巻く「3人の女たち」です↓

 

・正妻 津島美知子(宮沢りえ)

主人の女性関係や夜遊びにも嫌な顔をせずに家庭を守る。

 

3人の子供を育てながら深夜に帰宅した太宰の世話までする献身的な妻。

 

太宰はそんな美知子を「献身的な作家の妻」として自身の作品「ヴィヨンの妻」のモデルにしたが、美知子はヴィヨンの妻だけでなく太宰の作品を一度も褒めてくれないという。

彼女はどんな心境で家庭を守り続けるのか、太宰の妻で居続けるのか、太宰との絆が描かれます。

 

 

・作家志望の弟子 太田静子(沢尻エリカ)

太宰の一人目の愛人

結婚や愛よりも「恋」がしたいと言い放つ。

彼女の日記にインスピレーションを感じた太宰は作品の執筆のために彼女に近づきます。

やがて関係を持ってしまい、「子供が欲しい」という彼女の要求に答えるかのように関係におぼれてしまいます。

 

 

 

・未亡人 山崎冨栄(二階堂ふみ)

太宰の二人目の愛人

夜の酒場で太宰と出会います。

兵役で夫を亡くしているためか、自殺願望を内に秘めています。

堕落した生活を送る太宰に自分と同じ匂いを感じ、関係を持ちます

やがて太宰が堕落していく一因となっていきます


3人の女性たちとの関係を通して堕落していく太宰

彼のカッコ悪さとカッコ良さ

女性たちの強さと美しさ

蜷川実花監督の「華麗表現」で良い具合に後味の悪くない形で描かれています。
蜷川実花監督の過去作、「ヘルタースケルター」はU-nextで見られます↓





 

~女性たちの強さとは?~


若干の
ネタバレも含みますが観賞に影響ない程度なので読んで頂いても大丈夫です。フラットな気持ちで見たい方は注意↓


サブタイトルに「3人の女たち」とあるのは観賞後はおおいに納得で、本作は女性たちの「強さ」がテーマになっていると感じます。

 

・静子の強さ、恋さえあればそれでいい

作家志望の静子は比類のない太宰の作品に魅せられており、太宰本人にも恋心を抱いていました。

「恋」というものを何よりも大事にして生きることを芯にしており、

「本当の恋をして生まれる子供が欲しい」

「どうして恋はダメで愛は肯定されるのか、自分は恋に生きる」

と語ります。そんな彼女に対して太宰はその強さに魅せられており、彼女の言葉に対して「君には敵わない」というような笑みを浮かべます。弱い人間である自分自身とは対照的な存在だと感じていたのでしょう。

太宰の子供を身ごもった後は彼に固執するでもなく、また出産後は明るい面持ちで子供を育てていく様子からも、静子の強さが描かれています。

 

 

・生への執着を捨てた富栄の強さ

冨栄(二階堂ふみ)は太宰と付き合い始めた当初から「一緒に死のう」と語り合っており、生きることに執着がありません。

それゆえなのか、太宰に家庭があることも理解した上で、「一緒にいてくれなければ死ぬ」と繰り返し彼に訴えることで太宰を自分につなぎとめています。


「目を離すと命を絶ってしまう」という危機感から太宰は彼女との関係をダラダラと続けてしまいますが、冨栄は深心ではそんなことは分かったうえで太宰を操っていたのでしょう。

一見弱い女性の典型のように見えて実はしたたかで、自分との関係で太宰が堕落していく様子にどこか喜んでいる節すらあります。

 

 

 

・妻・美知子の献身 彼女が黙して太宰を支える心境とは?


妻・美知子の献身ぶりは作中何度も繰り返し語られています。


太宰が女性と関係を持っていることを知っていながらもそれについては触れることなく彼を支え続けます。


いっぽう太宰もそんな妻を本当は大切に思っており、「ヴィヨンの妻」の読者に「そんな奥さんいるわけない、そんなの奥さんじゃない」とけなされた際にも相手に食って掛かっていますし、彼女が自分の作品を褒めてくれないことも繰り返しぼやいています。


物語の終盤に彼女がどんな思いで主人を支え続けるのか、その心情が語られます。

結核を患い,療養し家庭に戻るべきか、と弱気になる太宰に対して


「私たち(家庭)を壊しなさい、そうすれば書きたいものが書けるんでしょう?あなたはまだ凄いものが書ける」


そう語る彼女の言葉に太宰は駆り立てられ、人間失格を執筆する決意をするのでした。

誰よりも太宰の才能を理解し、作家としての太宰がどうあるべきか、そのために何を犠牲にしなければならないのか、太宰本人よりも分かっていたのですね

その後太宰が本当に家庭を壊した時、彼女は一度は涙を流すも自分を制し、子供を守り続けます。
3人の中で最も不幸な結末を迎える人物ですが、悲しみに耐える強さを持つ女性です。

 

 

~太宰の堕落は人間の弱さそのもの~

太宰は作品の執筆の苦悩と、3人の女性たちとの関係を通して堕落していきます。

では彼は異常者なのか、人間失格なのか

 

彼が堕落していくのは実は「人間として誰もが持っている弱さ」が繰り返されていくことが原因となっています。

・仕事がうまくいかないとき酒に溺れてしまう

・女性からの誘いに乗ってしまう

・相手がそれでいいと言っているのならいいか、という自己判断の放棄


太宰はこれらの繰り返しで堕落してくのです。


さらに言えば、これらは太宰の弱さ→女性たちの強さ→太宰の弱さの無限ループによって助長されていきます。


・恋が出来ればそれ以上の関係は求めないという静子

・いずれは死ぬのだから不道徳な関係でも構わないという冨栄

・放蕩な太宰に対していつまでも献身的な美知子

 

太宰は女性たちの強さに甘え、流されるままに自制心を無くしていくのです。

普通の人ならばどこかで「自我」や「堕ちていく恐怖」を感じて踏みとどまるのでしょう。


しかし太宰は堕落しました。


一人の女性ではなく3人もの女性と関係を持ったことで、その強さを前に踏みとどまる間もなかったのかもしれませんね。

 

 

 

~本当は弱くなかった太宰 人間失格を書き上げる決意~


美知子の言葉で自分が作品を書き進められなかった本当の理由を悟った太宰は

「全部ぶっこわして書く!」ことを決意

人間失格」である自分について小説にするためには

・家族や家庭

・社会的な評価

・健康的な体

・そして自分の命

全て壊したいように壊すことが必要だったのです

 

女性たちの強さに引っ張られそれらを壊すことで人間失格を書き上げた太宰、最後の最後で自身の「強さ」を取り戻すことが出来たと言えますね

 

~エンディングのスカパラ&チバユウスケ~

ポップな音楽でエンディングロールとすることでモヤモヤするはずのお話がなぜかハッピーエンドのように思えてきます

 

堕落の太宰も、3人の女性たちも、その魅力をしっかりと描いてくれた映画でした。




蜷川実花監督の他作品はこちら↓