今日は 三谷幸喜 監督の最新作 「記憶にございません!」 の紹介です

 

~概要~

『ザ・マジックアワー』などの三谷幸喜がメガホンを取った政界コメディー。国民から全く支持されていない総理大臣が記憶喪失になったことから起こる騒動を描く。主人公の総理大臣を、三谷監督作『ステキな金縛り』などに出演してきた中井貴一。『海を駆ける』などのディーン・フジオカ、『マチネの終わりに』などの石田ゆり子、『体操しようよ』などの草刈正雄、『64-ロクヨン-』シリーズなどの佐藤浩市らが出演する。(yahoo映画より引用)

~あらすじ~

病院のベッドで目覚めた男(中井貴一)は一切の記憶がなく、病院を抜け出して見たテレビで、自分が国民から石を投げられるほど嫌われている総理大臣の黒田啓介だと知る。国政の混乱を避けるため、記憶喪失になったことを国民や家族には知らせず、真実を知る3人の秘書官に支えられながら日々の公務をこなす中、アメリカの大統領が来日する。 (yahoo映画より引用)。

~中井貴一さんの「腰の低いおじさん」演技~

本作は、好感度のめちゃ低い、絵にかいたような高慢な政治家が記憶を失って自分がこれまでにしてきたことを見つめなおしていくお話

記憶喪失になったことによってこれまでとは打って変わって「腰の低いおじさん」となった黒田総理 目の前で転んだ女性記者をとっさに気遣ったり、秘書官やSPなどの部下たちをねぎらったりと普通の行為をしているだけですが、周囲からは 「今さら好感度を上げようとしている」 などと言われ、黒田総理は自身のこれまでの冷徹ぶりをあらゆる場面で体感していきます。


初めは井坂秘書官(ディーン・フジオカ)の案で記憶を失った状態で総理としての仕事を続けさせらそうになるも、 「記憶を無くした自分には務まらない」 と辞任を考え始めます。

しかし、性格の変わった黒田に対して好感を持ち始めていた番場秘書官(小池栄子)は 「記憶を無くしたあなただからこそできることがある」 と彼を引き留めます。

国民からだけでなく家族からも信頼されず、自身を無くしていた黒田は番場の言葉に奮い立てられ 「しがらみを持たない自分だからこそできる政治」 を志し、ゼロからの再スタートを決意 自身の過去の過ちを謝罪し、政界腐敗の黒幕である「鶴丸官房長官(草刈正雄)」を失脚させるべく奔走します。


注目は中井貴一さんの「演技スイッチ」でしょうか 中井貴一さんと言えば「素敵な金縛り」などでは切れ者検事を演じていましたし、冷静な口調で説得力のあるセリフを言う、シャープな役柄が多いように思いますが、

本作では基本的に 「記憶を無くした頼りないおじさん」 でありながら、発起した後は 重要なところで ・意志の強さ ・正義感 を発揮して周囲を動かしていく、「急に頼りになる場面」があり、 その辺りの切り替えの巧みさに心を動かされますよね


黒田はもともと総理大臣になるほどの人間ですから、周囲を引っ張っていく素養はあるのでしょう、

記憶喪失により失われたかに見えたその能力がたま~に復活する様子にニヤリとしてしまいます 中井貴一さんの三谷作品での活躍が見たい方はこちらもご覧ください↓

~三谷幸喜監督、痛快喜劇からシフト?~

「記憶にございません!」は三谷喜劇の十八番である 「痛快な会議室バトル」も 「大仕掛けのクライマックス」 もなく、記憶を無くして清き心を取り戻した総理が ・政治家として正しいことをするため
、家族ともう一度向き合うため ひたむきに取り組んでいくお話になっています。

もちろん三谷節の不思議な笑いはふんだんに盛り込まれていて楽しくみられる映画なのですが、 通常モードの三谷喜劇を期待していた方には若干退屈に感じる時間があるかもしれません。

しかし、このスローペースな展開が新しいというか庶民的で、 「総理大臣」という一般人には想像しにくい人物像が、「痛快喜劇要素」を弱めることによって現実味を帯び親しみやすいキャラクターになっていますし、正義感をもって自分の仕事を見つめなおすこと 、愛情をもって家族と向き合うこと など、

普通の人にもトライできそうなことがテーマになっているため、多くの方が共感できるヒューマンドラマ要素の強いハートウォーミングな作品になっていると感じます。

黒田啓介は本当に記憶を無くしたのか 彼の取り組みは報われるのか ぜひ映画館でご覧ください 三谷作品はU-NEXTで視聴可能です。 今なら1か月無料で使えますよ~